ここから本文です

【総体】昨年のリベンジを果たした市立船橋の原輝綺。スーパーブロックで全国制覇に貢献

SOCCER DIGEST Web 8/3(水) 6:00配信

昨年のインターハイ決勝。6人目のキッカーを務めた原のシュートは…。

 昨年のインターハイ決勝。東福岡に敗れた市立船橋の原輝綺は、人目をはばからずに泣きじゃくっていた。1−1で延長戦でも決着がつかず、もつれ込んだPK戦。6人目のキッカーを務めた原のシュートはポストをかすめ、ゴールから外れて行った。この瞬間、市立船橋の敗戦と、東福岡の優勝が決まったのだった。
 
「自分が終らせてしまった」と、後悔のコメントを残していた原は1年の時を経て、再び決勝の舞台に戻ってきた。そして、スーパープレーを披露し、今度はチームを全国制覇に導いた。
 
「どの試合も『絶対に守る』という気持ちで戦いました」
 
 杉岡大暉との不動のCBコンビで相手の攻撃を押さえ込み、1回戦から決勝まで1失点で勝ち上がって来た。そして、流通経済大柏との決勝戦でも、最後まで『絶対に守る』という気迫をピッチで見せつけた。
 
 1−0のリードで迎えた後半アディショナルタイム。FKからのこぼれを拾った流通経済大柏が左からクロスを上げる。市立船橋のGK井岡海都が競り合うが、ボールは井岡の背後にこぼれた。そこに反応した相手FWが無人のゴールに蹴り込む――。
 
 その瞬間、ゴールライン上に現れた原が右足でブロック。さらに、こぼれ球に食いつこうとする相手を遮るように、胸でボールをコントロールしてからクリアした。
 
 同点ゴールの危機からチームを救うスーパーブロック。試合は1−0で終了し、市立船橋が3年ぶり9度目のインターハイ優勝を決めた。
 
「僕はチームのために働かないと評価されないと思う。『ここで決められたら去年と一緒だ』と思って、もう気持ちで止めました」
 
 あのPK失敗は、彼自身にとって、チームにとって決して無駄ではなかった。悔しさを力に変え、逞しく成長した原は、杉岡とともにプロ注目の存在まで成長した。試合後、殊勲のCBは今大会をこう振り返った。
 
「より強度が高い試合が多く、そのなかで杉岡とコンビを組ませてもらって、お互いこの6試合でいろいろしゃべって、信頼関係を一層深めることができた。どのタイミングで杉岡が上がるから自分がカバーとか、僕が出るから杉岡がカバーとか、ラインコントロールの部分はお互い意識してプレーすることができた」

1/2ページ

最終更新:8/3(水) 6:00

SOCCER DIGEST Web