ここから本文です

【リオ五輪】“緑の地獄”と称されるマナウス。手倉森ジャパンは高温多湿に勝てるか?

SOCCER DIGEST Web 8/3(水) 6:00配信

8月の平均最高気温は約33度、湿度も80%に到達する。

 グループリーグ初戦のナイジェリア戦が行なわれるマナウスは、まさに“緑の地獄”だ。
 
 ブラジルで最大の面積を有するアマゾナス州に属するこの都市は、アマゾンの真ん中にあり(南緯3度と赤道直下に位置)、年間降雨量2500㎜を超える高温多湿の多雨熱帯樹林気候。8月は比較的雨の少ない乾季(6月~9月。雨季は12月~3月)にあたるが、現在冬のブラジルにおいて、月間平均最高気温は約33℃、湿度約80%と例外的な暑さを誇っている。
 
 日差しが強く、日中は気温35~37℃近くまで上昇するため、少し歩けば一気に汗が噴き出してくる(直射日光下では温度計は45℃を差した)。
 
 夕方になると少しずつ気温は下がっていくが、それでも日本代表がマナウスでの初練習を行なった19時でも30℃以上、湿度も約70%と蒸し暑さが残るため、ほとんどの人々は一日中半袖だ。アラカジュ、ゴイアニアと移動してきた日本にとって、一番蒸し暑さを感じる環境だろう。
 
 ただ、手倉森監督は暑さを認めつつ、「夜になると心地良い感じです。この涼しさとナイターと、いよいよ、ここから日本の本当の切れ味が出てくるだろうなと」と話す。選手たちも「たぶん(試合では)体力を奪われる」(南野拓実)と警戒しながらも、「日本の暑さに似ている」(藤春廣輝)、「日本とそこまで変わらない」(植田直通)と順応に自信を見せる。
 
 ナイジェリア戦は現地時間8月4日21時(日本時間5日10時)キックオフ予定。過酷な環境下での戦いとなるだろうが、それを克服し、いかに運動量を落とさずプレーできるかがひとつ鍵を握るだろう。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト特派)

【リオ五輪】病と闘う戦友に勇気を――。南野が五輪に懸けるもうひとつの想い

最終更新:8/3(水) 14:02

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。