ここから本文です

世界のタブレット端末市場、出荷台数またもや減少

JBpress 8/3(水) 6:00配信

 米国の市場調査会社IDCがこのほど公表した最新リポートによると、今年4~6月期における世界のタブレット端末出荷台数(速報値)は3870万台となり、1年前の4410万台から12.3%減少した。

■ 7四半期連続の前年割れ

 この市場では、メーカー各社がプロダクティビティ(生産性)用途の端末へと重点をシフトする中、消費者の買い控えが続いているという。

 今回のIDCのリポートでは、これまでの出荷台数推移について触れていないが、この話題について報じている米シーネットによると、タブレットの四半期出荷台数は2014年10~12月期に初めて前年実績を下回り、その後7四半期連続で前年割れとなった。

 その理由は様々あるが、主に大型画面スマートフォンの普及や、消費者の買い替えサイクル長期化、最新モデルに魅力的な新機能が少ないことなどが背景にあるとシーネットは伝えている。

■ アップル、出荷台数減少もシェアは拡大

 今年4~6月期の出荷台数をメーカー別に見ると、米アップルが1000万台を出荷し、首位を維持した。これに韓国サムスン電子が600万台で次ぎ、このあと、中国レノボ・グループ(聯想集団)の250万台、中国ファーウェイ(華為技術)の220万台、米アマゾン・ドットコムの160万台と続いた。

 このうちアップルの出荷台数は1年前から9.2%減少。ただし同社の市場シェアは1年前の24.9%から25.8%へと拡大している。これに対し、サムスンの出荷台数は同24.5%減と大きく落ち込み、そのシェアは18.2%から15.6%に縮小した。

 一方で3位以降のレノボ、ファーウェイ、アマゾンのシェアはいずれも1桁台だが、出荷台数はそれぞれ1年前から3.1%、71.0%、1208.9%増加した。

 アマゾンのタブレット「Fireタブレット」は約13倍と驚異的に伸びたが、IDCによると、これはIDCが1年前にアマゾンの6インチモデルを統計に加えていなかったことが要因の1つ。

 ただ、アマゾンの端末はその価格の低さとブランド力が奏功し、よく売れたという。またアマゾンは今年7月12日に有料プログラム「Prime」会員向けの大規模セール「Prime Day」を実施した。このセールは昨年から始まったが、今年も盛況だった。

 このことから次ぎの四半期である7~9月の統計で、アマゾン製端末に同様の伸びが見られても何ら不思議ではないとIDCは報告している。

1/2ページ

最終更新:8/3(水) 6:00

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。