ここから本文です

期待の若手「筒香三冠王」説に野球ファン大興奮

R25 8/4(木) 7:00配信

山田哲人(ヤクルト)の独走かと思われたセ・リーグの打者個人タイトル争いで、筒香(つつごう)嘉智(DeNA)が急浮上。三冠王候補が2人も現れる異例の展開に、プロ野球ファンがざわめいている。

昨シーズン3割・30本・30盗塁を達成した山田は、今シーズンもこのうえなく順調なスタートを切った。前半戦終了(7月13日)時点の数字は、打率.350、本塁打29本、打点72で、いずれもリーグトップ。各部門の2位は、打率が.323(鈴木誠也。広島)、本塁打が22本(筒香)、打点が65(新井貴浩。広島)と、いずれも大きく離れていたうえ、盗塁数もリーグトップで、史上初の四冠王への期待感さえ漂っていた。

しかし「三冠王は確定的」とまで囁かれた山田を猛追しているのが、横浜の若き主砲・筒香だ。筒香は7月だけで16本の本塁打を放ち、3部門で山田を猛追。2人の数字は8月1日までに、

山田 .335 30本 77打点
筒香 .333 32本 75打点

と、高いレベルで拮抗しており、どちらが三冠王になってもおかしくない勢いだ。

ツイッターを見ると、野球ファンの“心の揺れ”がよく分かる。7月前半には、

「山田、打率.351ってもう三冠王ほぼ確定じゃないん?」
「山田怪我しなけりゃ三冠王確定やん」
「前半戦終わって三冠王ほぼ確定とか言われてる山田やばすぎ」

と、「山田三冠王確定説」が飛び交っていたものの、筒香が7月19日、20日、22日に「3試合連続マルチ本塁打」という快挙を成し遂げると、

「あれ?筒香三冠王いけるんじゃね?」
「筒香が打ちまくってるww 山田哲人の三冠王がヤバくなるでちょっと止めて欲しい笑」
「山田三冠王あるで思ったけどもしや筒香に取って代わられてしまうのか…!?」

と、にわかに「筒香三冠王説」が浮上。その後も高いレベルで切磋琢磨する2人に対し、

「筒香と山田の三冠王争いが面白い」
「山田のトリプルスリー・三冠王どうなるかなぁ~ と、個人成績確認してみたら 筒香の三冠王も十分あり得る成績で面白そう」
「山田が五冠とか騒がれてたけど 筒香三冠王みえとるやん!」

と、プロ野球ファンは熱いエールを送っている。

ここまで2人の差が詰まると、山田が期待された結果を出せていないようにも見えるが、山田の7月の成績は、打率.333、本塁打4本、出塁率.453と、十分に合格点レベルの成績を残している。山田と筒香は現在ともにまだ24歳。若きスラッガーの活躍に、多くのプロ野球ファンが注目しているようだ。

(金子則男)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/4(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。