ここから本文です

年収400万円で、海外ではどんな暮らしができる?

Smartザテレビジョン 8/4(木) 7:00配信

日本テレビ系では、8月7日(日)昼3時より、タカアンドトシがMCを務める新感覚の経済バラエティー「世界の年収400マン 癒しのベトナム&世界遺産の宝庫ハンガリー」を放送する。

【写真を見る】「薄口政治評論家」こと杉村太蔵は、ハンガリー産のワインを堪能し早くもバカンス気分に!?

日本のサラリーマンの平均年収と言われる金額は400万円。では、世界各国で「年収400万円」を稼いでいる現地の人々は、どんな仕事や暮らしをしているのか? 同番組は、そんな疑問の答えを探るべく、芸能人が現地に赴き徹底調査するシリーズの第2弾だ。

今回調査するのは2カ国。ハンガリーをリポートするのは、3児の父でありながらお金にうるさい男・杉村太蔵。物価が日本の約半分と言われる反面、“世界一消費税の高い国”でもあるハンガリーは、なぜか国民が口をそろえて「過ごしやすい」と語る。その理由に迫っていく。

ハンガリーは「ヨーロッパの宝石箱(真珠)」と呼ばれる美しい街並みと、数々の世界遺産が大きな魅力。また、世界有数のワイン名産国であり、フォアグラも有名だ。そして、ヨーロッパの温泉大国でもある。

そんなハンガリーで杉村が訪ねた“年収400マン”家庭は、クルージング会社を経営するミクローシュさん一家。ミクローシュさんの妻と街に出た杉村は、巨大なフォアグラが信じられないような価格で売られているなど、日本との物価の違いに驚きの連続だ。

ハンガリーでは、消費税が世界一高い代わりに福祉が充実しており、医療費や教育費を抑えられる分、家族サービスに使うことができる。かつて政治家として国のあり方を考えた杉村は、そんな現地の生活を体験し、ドナウ川に向かってある思いを叫ぶ。

一方、ベトナムをリポートするのは、家計に厳しいハイテンション節約主婦・松本明子。のんびりとした街の空気感と、日本人好みのおいしいグルメで、日本人女性旅行客に大人気のベトナムを、主婦の視点で調査していく。

ベトナムは、日本と比べてかなり物価が安い国。つまりベトナムの“年収400マン家庭”は、かなり裕福な家庭となる。今回松本が訪れたのは、イベントプランナーとして働くベトさん一家。

働く女性が多いベトナムでは、産休・育休中に長い間給料が100%支給されたり、医療費が安かったりと子育てに関する社会制度が充実している。それを聞いた松本は「日本も見習わなくちゃねぇ」と、働くママとして思わず本音を。

また、“美女大国”としても知られるベトナムの「美」を支えている食生活も明らかに。週末はリゾートに行き、家族でゆったりとセレブな時間を過ごすというベトさん一家。その優雅な生活に、松本も思わずウットリ。

ほか、スタジオにはイギリス、ロシア、イラン、シンガポール、ブラジル、セネガル出身のゲストが集合。消費税、光熱費、教育費、産休や子ども手当て…など、各国の金銭事情が明らかに。経済ジャーナリストの荻原博子が、分かりやすく解説していく。

さらに、日本のサラリーマンの平均昼食代・約600円で食べられる、各国のランチ事情を紹介。あまりのボリュームの違いに、MC・タカアンドトシも驚がく。そんな世界各国の暮らしぶりを通して、日々の生活を豊かにしていく術を考えるきっかけにしていこう。

最終更新:8/4(木) 7:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。