ここから本文です

前野朋哉、こちらが“桃太郎”の本家だと自信!

Smartザテレビジョン 8/4(木) 15:00配信

俳優の前野朋哉が岡山県のPR大使に就任し、東京・新橋の「とっとり・おかやま新橋館」で就任式および岡山県新PR発表会が行われた。

【写真を見る】Boseと共に白桃にかじりつく前野

式では、2年前から大使を務めているスチャダラパーのBoseが、前野に委嘱状を手渡し、前野が出演する岡山県のPR動画「晴れの国おかやま 全力プレゼン」篇が公開された。前野は、動画の岡山の白桃をまるかじりするシーンを再現するなど、大使としてサービス精神を見せた。

現在前野は、松田翔太、有村架純らが出演するauの人気CM「三太郎シリーズ」で一寸法師として登場している。そんな前野だが、岡山ではこれまで、桃太郎に扮(ふん)して岡山のPRを行っていると明かす。

イケメン俳優が演じることが多い桃太郎だが、自身が演じる桃太郎との違いについて問われた前野は、「こっちは岡山県がバックについていますから。本家だぞという余裕があります!」と自信を見せた。

最終更新:8/4(木) 15:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。