ここから本文です

大津のガンプラEXPOに実物大ガンダムヘッド登場!

東京ウォーカー 2016/8/4(木) 17:00配信

滋賀県大津市の大津パルコでは、“FUN TO BUILD GUNPLA”をテーマに、8月21日(日)まで「ガンプラEXPO in OTSU」を開催している。館内の複数の場所にガンプラやジオラマを展示し、ガンプラを作る楽しさや身近さを感じられる催しとなっている。

【写真を見る】ガンダムの1/1ヘッドの大きさは圧巻(写真はイメージ)

ガンプラはアニメ、機動戦士ガンダムのシリーズに登場する、ロボットや戦艦などを立体化したプラモデルのことで、1980年に1/144ガンダムが発売されて以来、根強い人気を誇っている。接着剤がいらない、スナップフィットと呼ばれる仕組みで組み立てやすく、塗装なしで色を再現できるなど身近な楽しさが魅力の一つだ。

中でも注目は、迫力満点のガンプラ“1/1ガンダム”ヘッド。その他、2014年「GUNPLA BUILDERS WORLD CUP(GBWC)」の日本チャンピオンの作品や、歴代GBWC日本チャンピオンの作例も一挙展示。独創性豊かなガンプラの数々を楽しむことができる。

その他にも、多彩なガンプラの作例やジオラマ、最新のガンプラなども展示。アーティストやタレントなどの、著名人がカラーリングプロデュースした“ガンプラサポーターズ”の作品も登場し、バラエティ豊かなガンプラの世界に触れることができる。

特設物販会場では、「BB戦士vガンダム メタリックVer.」(2480円)や、「RG 1/144 ダブルオーライザー トランザムクリアVer. 」(3240円)、「MG1/100 νガンダム Ver.Kaメカニカルクリア」(7560円)など、ガンプラEXPO限定ガンダムを販売。さらに、イベント限定ガンダムは、「HGUC1/144 RX-78-2 ガンダム クリアカラーVer.」(1080円)や、「HG 1/144 ガンダム バルバトス 第6形態クリアカラーVer.」(1510円)といった新作も登場している。【関西ウォーカー】

最終更新:2016/8/4(木) 17:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京TRENDベスト3!!
スポット&グルメ厳選254
あそび倒しカレンダー全72件
特別付録:新しい築地へ行こう

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。