ここから本文です

京まふにキャラカフェ“黒執事 幽喜茶屋”が登場!

東京ウォーカー 8/4(木) 17:00配信

9月17(土)・18(日)に、みやこメッセ(京都市勧業館)などで開催される「京都国際マンガ・アニメフェア2016」(以下、京まふ)の最新情報が発表された。

【写真を見る】京まふのチケットを持参する、満29歳から39歳までの独身の男女が参加できるアニ☆コン(写真はイメージ)

目玉は、フード&物販エリアに登場する“黒執事 幽喜茶屋”。原宿や大阪で人気だった、“Funtom Cafe”の茶屋バージョンで、「京うどん」や「和風パフェ」などのオリジナルフードを展開。また、京都の企業とコラボした、黒執事×SIONE“読む器”、黒執事×上羽絵惣“胡粉ネイル”などの限定グッズも販売される。

同時に、ステージの追加情報も発表。17日には、“Tokyo 7th シスターズ トークショー”や、諏訪彩花と大空直美の“送信”少女まといラジオ!!の公開録音。18日には、“おくさまが生徒会長!+!”のスペシャルステージ(抽選制)が披露される。

また、連動イベントとして、アニメ好きのための街コンイベント、“アニ☆コン京都 in 京まふ”の開催も決定。京まふのチケットを持参する、満29歳から39歳までの独身の男女なら誰でも参加できる。

京まふは、今年で5周年を迎える西日本最大級のマンガ・アニメ見本市で、多くの企業や団体が出展するビッグイベント。昨年は49の企業・団体、59のマンガ出張編集部が出展し、2日間で3万6951人が来場した。【関西ウォーカー編集部/横井哲也】

最終更新:8/31(水) 15:23

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。