ここから本文です

京都ならではの風情が楽しめる、おしゃれ晩御飯6選!

東京ウォーカー 8/5(金) 15:26配信

京都観光の一日の“シメ”となる晩御飯も、もちろん京都ならではの料理や雰囲気に、とことんこだわりたいもの。しかし、京都の街中は店が多すぎて、選ぶだけでも疲れてしまう。そんな、ディナー難民になってしまう前に、京都に行く前に知っておきたい“おしゃれ晩御飯”をまとめてみた。京町家をリノベートした店をはじめ、日本酒自慢の店やスタイリッシュな和バルなど、カジュアルな京都の晩御飯、厳選6店を紹介しよう!

【写真を見る】1階カウンターで支払を済ませるキャッシュオン形式。ドリンクは自分で運び、フードはでき次第提供してくれる/BEFORE 9

■ 厳選クラフトビールと日本酒「BEFORE 9」

烏丸御池にある、京町家をリノベートしたスタイリッシュなスタンドバー「BEFORE 9」。全国からえりすぐったクラフトビールと日本酒が常時8種類ずつそろい、スタイルや味わいの違いを楽しめる。「スティック野菜酒粕バーニャカウダ」(600円)や「鶏の山椒から揚げ」(700円)など、お酒が進む創作料理も充実。気になった銘柄の「ビール」(600円/SMALL・240ml、800円/LARGE・310m)や「日本酒」(600円/グラス)を飲み比べしながら、豊富なメニューを楽しもう!

■ 地酒と本格和食をカジュアルに!「御幸町 ONO」

河原町の「御幸町 ONO」には、市場直送の天然物を使った刺身や天ぷら、おでんなど、日本酒に合う料理がめじろ押し。日本酒は獺祭や徳島の地酒など、全国から選び抜いた30種類以上がそろう。どれを選んでも半合が540円、1合が864円と気軽に楽しめるのがうれしい。軽く炙ることにより、ハモ本来の旨味がギュッと凝縮した「淡路島産鱧の焼霜」(1296円)や「稚鮎の天ぷら」(648円)は、日本酒と相性抜群でおすすめだ。

■ 異色シェフのカジュアルな立ち飲み「柳小路TAKA」

河原町の「柳小路TAKA」は、イタリアの日本食レストランの名店であるNOBU/Armaniで、板長として腕を振るった経歴を持つ西村 崇シェフが、出身地の京都で独立して作ったバル。漁師から直接仕入れる魚介や朝絞めの鶏、京野菜など、厳選した食材で作り上げるジャンルレスな料理が魅力だ。「焼鳥」(150円~)や、揚げゴボウがのった「卵かけご飯」(500円)など、シェフの技とアイデアが光るメニューばかり。精米歩合の異なる「日本酒 7種テイスティング」(1200円)も人気!

■ アートのような寿司「AWOMB 西木屋町」

京都の織物をイメージした“手織り寿し”で人気の行列店が、完全予約制の2号店として河原町にオープンした「AWOMB 西木屋町」は、築80年の町家を生かした空間も魅力的。アート作品のような美しさを放つ「手織り寿し 衣」(2970円)は、数十種類の野菜を中心に使った季節のおばんざいや、魚の天ぷらなどの具材が並ぶ。楽しい手巻きスタイルとなっているので、好みで組み合わせて具材を選んで味わってみよう!

■ 町なかカフェで京都地ビール「SOWGEN」

河原町の「SOWGEN」は、北白川の人気店、そうげんカフェが、アンティーク家具などの販売スペースとカフェを併設した姉妹店としてオープン。サンドイッチなどのフードやスイーツのほか、アルコール類も充実している。「町家麦酒」(700円)といった京都の地ビールと一緒に、一押しの「京野菜グリルのオープンサンド」(700円)や「タパス3種盛」(600円)をガッツリ味わえば、大満足間違いなし!

■ 町家でヴィーガン料理「浮島ガーデン京都」

沖縄発の人気ヴィーガン料理店が京都に初進出!「浮島ガーデン京都」では、肉、魚、卵、乳製品を使わず、京都産や滋賀県産の有機・無農薬野菜による滋味豊かな料理を提供。菜食主義ではない人にも好評で、京町家を生かした空間も魅力だ。「精進おさかなフライ」(1512円)や「畑の森合わせバーニャカウダ」(1296円)、「本日のタパス」(324円)の他、本店で名物となっている「ベジタコライス」(1404円)も人気なのでチェックしてみよう!【関西ウォーカー編集部】

最終更新:9/1(木) 12:34

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。