ここから本文です

世界で最もパワフルなファッションファミリー12

ハーパーズ バザー・オンライン 8/4(木) 10:34配信

ファッション帝国を築き上げた、華麗なる一族たちを紹介。

【写真】世界で最もパワフルなファッションファミリー12

アルマーニ家

イタリアンファッションの巨匠、ジョルジオ・アルマーニは1975年に自身の会社を設立。2013年の時点で、彼の見積もり資産額は85億ドル以上。妹のロザンナ、そしてアルマーニの姪、シルヴァーナとロベルタのふたりもアルマーニのもとで働いている。

トッズのデッラ・ヴァッレ家

フィリッポ・デッラ・ヴァッレが1920年代に靴の製造販売店を始め、孫のディエゴ・デッラ・ヴァッレが現在はトッズとして知られる世界的なブランドへと発展させた。兄弟のアンドレア・デッラ・ヴァッレとディエゴの息子、エマヌエーレもファミリービジネスに携わっている。

フェンディ家

アデーレ・カーサグランデがこのイタリアのレザーグッズブランドを設立したが、アデーレがエドアルド・フェンディと結婚した1925年に、ブランドもフェンディと改名。1999年にLVMHに売却したが、アンナの娘であり、バゲットとその他のバッグのクリエイターでもあるシルヴィア・ヴェントゥリーニ・フェンディが日々の業務に携わっている。彼女の娘、デルフィナ・デレトレズは、しばしばフェンディとのコラボレーションを行っているジュエリーデザイナーとしてお馴染み。

フェラガモ家

ナポリで靴の修業をした後、当時13歳だったサルヴァトーレ・フェラガモは、1912年に故郷のイタリア・ボニートで靴屋を立ち上げた。2年後、アメリカへ移住し、工業技術を学び、1923年までにハリウッドで「スターの靴屋」という呼び名を授けられる。1960年に亡くなった時、サルヴァトーレの未亡人、ワンダ・フェラガモは6人の子ども――フィアンマ、ジョヴァンナ、フルヴィア、フレッチオ、レオナルドとマッシモの手を借りて王国を引き継いだ。今日、彼らの子孫がさらにその子どもたちの手を借りて、家名を受け継いでいる。

ローレン家

アメリカンファッションにその名を刻んだラルフ・ローレンは、ファッションとライフスタイルの一大帝国を築き上げた。ラルフ・リフシッツとして生まれたが、妻のリッキーのために服を作り始めたところからローレンとしての人生がスタート。約14億ドルのブランドへと成長を遂げた。彼の妻とデヴィッド・ローレン含む子どもたちが、世界に広がるラルフローレンブランドを管理している。

1/3ページ

最終更新:8/5(金) 17:19

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。