ここから本文です

ぺップ・マンC、“ネイマール超え”の逸材を獲得。今夏合計136億円超のメガ補強

フットボールチャンネル 8/4(木) 5:00配信

 マンチェスター・シティは、ブラジル1部のパルメイラスから19歳のFWガブリエル・ジェズスを獲得したことを発表した。3日にクラブの公式サイトが伝えている。

【写真】スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 2015年にパルメイラスのトップチームに昇格したG・ジェズスは、ブラジル国内で「天使と神の名を持ちながら悪魔のようなプレーをする」と評される同国の逸材だ。その才能はネイマールをも上回ると絶賛されている。今月に開催されるリオ五輪に挑む代表メンバーにも選出されており、その計り知れない将来性から欧州のビッグクラブらが争奪戦を行っていた。

 そして、G・ジェズスの激しい争奪戦をシティが制した。先日クラブ指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督が直接本人に電話で説得したことが決め手となり、同選手はバルセロナのオファーを拒否し、シティと5年契約を交わした。
 
 移籍金は約3000万ユーロ(約34億円)とみられているが、G・ジェズスは2017年から加入することになるようだ。同選手は「マンチェスター・シティは世界最高峰のクラブの1つだよ。サインを交わせてとても嬉しい」と加入第一声を発している。

 G・ジェズスの獲得により、シティが今夏に費やした移籍金の合計額は1億2000万ユーロ(約136億円)を超えたようだ。前日に約4500万ユーロ(約51億円)でドイツ代表MFリロイ・ザネを獲得したクラブは、既にMFイルカイ・ギュンドアン、FWノリート、MFオレクサンドル・ジンチェンコを獲得している。しかも、さらなる補強を予定しているとみられている。

 今夏に活発な補強を行っているシティ。プレミアリーグ初挑戦となるグアルディオラ監督のためにもその勢いを止めるつもりは全くない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/4(木) 6:16

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。