ここから本文です

児童虐待をなくすには社会全体で育児をサポートすることが必要

Meiji.net 8/4(木) 15:38配信

児童虐待をなくすには社会全体で育児をサポートすることが必要
加藤 尚子(明治大学 文学部 准教授)


 最近、しつけのために山中に置き去りにされた7歳の男の子が行方不明になり、6日後に保護された事件は大きなニュースになりました。
 このニュースを聞いて、自分もしつけのつもりで虐待をしていないか、悩むお母さんも多いといいます。育児の問題点をあらためて考えてみましょう。


◇人の人格形成に深く関わるアタッチメント

 親子の関係を考えるために、アタッチメントの理論があります。アタッチメントとは、日本語では愛着と現わされますが、人間だけでなく生物すべてがもっている生物学的メカニズムのことです。

 生きていく力が弱い個体が、自分より強い大人の個体にくっつくことで守ってもらって生き延びる、生物としての戦略なのです。

 例えば、赤ちゃんはお腹が空いたり、あるいは一人で寂しくなったりすると泣きます。それは、その赤ちゃんが空腹という身体的な危機状況にあったり、寂しかったりという心理的な危機状況にあるからです。

 こうした危機状況とか不安な状況でスタートするのがアタッチメントシステムで、泣くという行為がアタッチメント行動です。
 すると、赤ちゃんの泣き声を聞いたお母さんなどの養育者は赤ちゃんが危機状況であることを理解し、ミルクを飲ませてくれたり、あやしてくれたりします。
 養育者が来ること、つまりくっつくことで、赤ちゃんにとっては危機的な状況や不安な状況から、快適な状況や安心できる状況に変わります。

 そこで、赤ちゃんは養育者に対して信頼感や、安心感をもつようになるのです。このメカニズムが重要なのは、赤ちゃんにとって生き延びる戦略であるとともに、安全な世界を創り出す養育者への信頼感を形成し、お世話される自分がそれだけの価値がある、大事な良い存在なんだと、自分自身の自己肯定感やセルフイメージをも創られていくことです。
 つまり、アタッチメントは人の成長と人格形成に大きく影響する、人が生きていく基本となる仕組みといえるのです。

 一般的には、5~6歳までに具体的な関わりのなかでアタッチメント関係が結ばれ、それを元に養育者のイメージや自分のイメージが、自分の中にしっかり根付いていきます。これを心理学では内在化するといい、その人自身のものの見方になっていきます。
 いわば、自分独自の『色眼鏡』を通して世界を見るようになっていくのです。

 安定した、良好なアタッチメント関係があった子どもは、例えば、人を安心で大丈夫な存在という『色眼鏡』で見るようになり、誰に対してもニコニコと笑いながら「こんにちは」といえる人になります。

 また、自己肯定的なイメージも育まれますから、「自分はできる子だ」「この先きっとうまくいく、いいことがある」と、未来予測についてもポジティブになり、それは自己実現への積極的な行動につながっていきます。

 こうした『色眼鏡』、アタッチメント関係からつくられたイメージや未来の予測のことを内的ワーキングモデルといいます。この内的ワーキングモデルは不変というわけではなく、いろいろな人生体験の中で少しずつ変わっていきます。

 しかし、土台となるのは幼児期のアタッチメント関係が内在化した内的ワーキングモデルです。
 つまり、私たち大人は幼児期以降の体験や学習によって、自己を形成してきたと思いがちですが、そうした様々な体験や学習も、幼児期のアタッチメント関係から創られた内的ワーキングモデルによる自己認識や他者認識、社会に対する認識、そして未来の予測に基づいて行われた体験や学習なのです。
 人の成長や人格形成にとってアタッチメントがいかに重要か、おわかりいただけると思います。


◇虐待は深刻なトラウマとなり、虐待の世代連鎖も引き起こす

 では逆に、虐待などによって不安定なアタッチメント関係にあった場合はどうでしょう。自分が危機的状況にあるとき養育者に頼りたいというアタッチメント行動をとっても、養育者は守ってくれなかったり、逆に攻撃されることもある。

 こうした虐待を繰り返し受けてしまうと、誰もが自分を殴るのではないかと思い、他人を信用せず、この世の中は危険に満ちて、自分は取るに足らない人間だ、人と関わらない方がいい、という『色眼鏡』を形成してしまいます。

 すると、困ったときにも人に助けを求められない、助けてくれる人に背を向ける、あるいは攻撃するという行動を取るようになってしまうこともあります。
 また、肯定的な自己イメージがもてず、「どうせやったってダメに違いない」とチャレンジをしなくなったり、早く挫けるようになります。最近の研究では、幼児期の虐待は深刻なトラウマとなり、脳の発達に影響を与えることもわかっています。

 例えば、記憶と感情を司る部位が一般より小さくなってしまい、自分で自分の感情や行動をコントロールできないADHD(注意欠如多動性障害)に似た状態を引き起こすこともあります。

 さらに問題なのが、虐待を受けた子どもが大人になって親になったとき、自分の子どもに対して虐待してしまったり、うまく関われないという虐待の世代連鎖が起こることです。もちろん、虐待経験がある人はみな、虐待する親になるわけではありません。
 6~7割は辛い体験を乗り越え、子どもをしっかり育てられるようになります。

 しかし、3割くらいの人は、例えば自分の子どもがだっこを望んでも、それを面倒なことと思ってしまったり、怒りを感じたり、子どもに要求に関心が持てないなどの事態が起きてしまいます。
 自分自身が幼児期に様々な欲求を我慢させられたり、甘えたいという欲求を抑圧してきたので、自分の子どもにも我慢させることが当然のように思ってしまい、子どものペースに合わせることができず、自分のペースを守ろうとしたり邪魔に感じてしまうのです。
 なかには、子どもが甘えてきたらちゃんと抱きしめてあげることが大事だと、頭ではわかっていても、自分自身がずっと甘えることを抑え込んできた辛さや、悲しさ、悔しさ、怒りなどの感情が出てきてしまい、子どもを自然に素直に受け止めるのが難しいというケースもあります。

1/2ページ

最終更新:8/4(木) 15:38

Meiji.net

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Meiji.net

明治大学

社会問題を明治が読み解く
オピニオンは月3回更新

研究×時事問題。明治大学の教員が少子化
問題や地方創生、アベノミクスや最新の科学
技術など、タイムリーな話題を解説する、
大学が運営する新しい形の情報発信サイト。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。