ここから本文です

五輪切符つかんだ競泳界の新星・女子高生スイマー 躍進の裏に“長友流トレ”

THE ANSWER 8/4(木) 12:01配信

7種目で五輪切符つかんだ池江璃花子、躍進の裏にあるプロトレーナーの存在

 4月に行われた競泳の日本選手権でリオデジャネイロ五輪のスター候補が誕生した。池江璃花子(ルネサンス亀戸)は女子100メートルバタフライ決勝で派遣標準記録を切る57秒71で見事に優勝。五輪切符を掴み取った。個人種目の100メートルバタフライ、50メートル・100メートル・200メートル自由形、女子400メートルフリーリレーと同800メートルフリーリレー、同400メートルメドレーリレーの7種目で五輪進出を決めた。

【写真】リオ五輪での活躍に期待、各種目の日本人美人アスリート

 1年前に中学3年生で迎えた日本選手権では同100メートルバタフライでまさかの20位に終わり、予選落ち。その後の1年間で見違えるほど成長し、夢舞台への出場を決めた。その進化の裏には、あるプロトレーナーの指導があった。

「ルネサンスさんから池江さんの指導を依頼されたのは去年の日本選手権の少し前ですね。4月の日本選手権で100メートルバタフライで予選落ちとなりました。自分がメニューを作成して、派遣している女性トレーナーを通じてトレーニングをこなしてもらうアプローチでしたが、池江さんの課題を克服するために週に1度ジムに来てもらう指導に変えました」

 そう振り返るのはトレーナーの木場克己氏だ。

 同氏は長友佑都(インテル)、金崎夢生(鹿島)らサッカー日本代表選手やオリンピックアスリートのパーソナルトレーナーを務めており、体幹、体軸、バランスを強化する「KOBAトレ」の主宰者として知られている。木場氏は池江の所属するルネサンスとアドバイザー契約を結んでおり、その縁から指導に当たることになったという。

 五輪を目指す上で池江は大きな課題を乗り越えたと木場氏は解説する。体幹トレーニングによって持病の腰痛を克服し、ストローク時の体のブレを減少させたのだ。

池江はいかにして課題を進化を遂げたのか

「まずはレクチャーから入りました。サッカーなどの競技と違い、水泳は重い筋肉をつけると水中での浮力が減少します。体作りのアプローチはその競技によって違います。腰痛持ちだった池江さんの場合、体幹トレーニングの狙いは骨盤の安定化でした。

 体軸をブレをなくすことで、泳ぎにロスや余分な疲労がなくなる。ストロークの時も大きくかけるように、肩甲骨辺りの可動域を広げ、背筋への連動性を高めました。そのため、疲れない体になっています。そして、ブレもなくなったと専門家の方も指摘していました。それは狙い通りです」

 レースの終盤で疲労がたまると泳ぎのフォームが乱れ、身体にブレが生じる。すると水の抵抗も増して、さらに疲労が増していく。結果、タイムが落ちるという悪循環に陥ってしまう。

 木場氏のもとで池江はそのブレの改善に着手。腹斜筋、中臀筋を強化するサイドブリッジなど、以前こなせなかったトレーニングメニューもこの1年間の鍛錬でこなせるようになったという。

 前出の長友も明大時代に腰椎すべり症という持病を抱え、歩けないほどの激痛を抱えていたが、木場氏の体幹トレーニングによってインナーマッスルを強化して克服した過去がある。この体幹の安定によってバランスを高めたことで、走る際の横ブレもなくなった。横ブレの解消で余計なスタミナの消耗も減少。イタリアのピッチで見せる無尽蔵な運動量も、まさに体幹トレの賜物だった。池江も同様に、腰痛の克服とともに体幹の強化による恩恵を受けることになった。

 競泳選手に合わせた体幹トレーニングメニューを完成させた木場氏は池江に競泳界におけるロールモデルとなることを期待している。

「トップアスリートは自分の体を理解するものです。それと同時に弱点を理解する。自分の体調がいい時には、こういうトレーニングをやるとどう変化するのか、気付かせてあげたい。中学卒業直後に日本記録を出すほどのトップアスリートである彼女がどんなトレーニングを続けて成長するのか。池江さんを目指す水泳選手の手本になってほしい。練習メニューが伝わると競泳のレベルの底上げにつながるのではないでしょうか」

 1年間の取り組みで進化を遂げた池江。そんな新星がリオで躍進すれば、そのトレーニング法も注目され、日本競泳界全体に好影響をもたらすことになるかもしれない。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:8/4(木) 12:29

THE ANSWER

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。