ここから本文です

新しいターザンは英国貴族! 北欧が誇るイケメン俳優、アレクサンダー・スカルスガルド。

VOGUE JAPAN 8/4(木) 22:00配信

身長194cmの恵まれた肢体を武器に、映画『ターザン:REBORN』で主演を務めるアレクサンダー・スカルスガルド。クールな容貌からは想像できないお茶目な一面や、アレクサ・チャンとのプライベートな話題をお届けします。

女優たちと華やかな交際歴。現在の恋人はあのファッショニスタで有名な...?

ターザン役で見せた、野生的なボディに世界が釘付け!

TVシリーズ「トゥルーブラッド」の美形ヴァンパイア役で人気を得て、映画では浅野忠信と共演した『バトルシップ』などで活躍、レディー・ガガの『パパラッチ』のPVで相手役を務め、キャリアを積んできたアレクサンダー。40歳を迎える今年、夏の大作への主演で大ブレイクは必至だ。

彼が演じるのはアフリカのジャングル生活を捨て、ロンドンに戻り、妻のジェーン(マーゴット・ロビー)と貴族のグレイストーク卿として生きる青年。194センチの長身とノーブルな顔立ちで、ヴィクトリア調の装いもよく似合う。だが、妻をさらわれ、彼女を救うためにアフリカの地で野性を取り戻し、再びターザンとなって悪と戦う。厳しいトレーニングとダイエット(砂糖、グルテン、乳製品、アルコール禁止)で鍛えたボディはCG?と思うほどきれいに筋肉が付き、ギリシャ彫刻のように完ぺき。

父は『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『マンマ・ミーア!』(08)に出演するあの名優。

父は『アベンジャーズ』シリーズのセルヴィグ教授役などハリウッドでも活躍する名優、ステラン・スカルスガルド。アレクサンダーは8人兄弟の長男で、次男のグスタフ(35)、四男のビレ(26)、五男のヴァルター(20)も俳優。幼い頃に父の友人の監督作に出演、13歳で映画に主演して注目されたが、それが嫌ですぐに普通の男の子に戻ったそう。結局、他にやりたいことが見つからず、7年後にニューヨークに渡って演技を学び、俳優活動を再開した。

キルスティン・ダンスト主演の『メランコリア』(11)でも共演した父・ステランは心強い味方の1人。『ターザン~』がクランクアップした時は、仕事で同じくロンドンに滞在中だったステランの家に直行、料理好きの父の手料理(パスタや揚げ物)を食べまくったそう。今はアメリカやイギリスが活動拠点だが、家族が暮らすスウェーデンにはしょっちゅう里帰りをしていて、2012年に誕生した4歳の末弟とも仲良し。

Text: Yuki Tominaga

最終更新:8/4(木) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

Yahoo!ニュースからのお知らせ