ここから本文です

本田、ミランで定位置確保へ貴重なチャンス! チェルシー戦で右WG先発へ

フットボールチャンネル 8/4(木) 6:00配信

 ミランの日本代表FW本田圭佑にとって親善試合チェルシー戦は定位置確保のための貴重な機会となりそうだ。3日、イタリア『ミランニュース.it』が報じている。

【動画】本田のアニメ動画が話題!星陵高校からミラン加入までのストーリー仕立てに

 現地時間の3日にミランはインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)にてチェルシーと対戦する。同試合で本田は4-3-3の右ウイングで先発出場を果たすとみられており、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督にとって貴重なアピールの機会となるとみられている。

 モンテッラ監督はこれまで4-3-3のシステムを中心に据えており、右ウイングはスソを起用してきた。しかし、チェルシー戦で数人のメンバーを交代させるようだ。注目が集まるのは右ウイングの本田と、左サイドバックのDFダビデ・カラブリア、そしてアンカーとして出場するとみられるMFユライ・クツカだ。

 本田はここまで親善試合ボルドー戦で2ゴールを決めるなど存在感を示すスソとの先発争いで勝利するための重要なアピールの機会となる。パスサッカーを志向するモンテッラ監督のスタイルに適応し得点に絡んでいきたいところだ。

 一方で、主将MFリッカルド・モントリーボに替わってアンカーに入るクツカに対しても注目が集まっている。中盤でゲームの組み立てができる選手の獲得を希望していたモンテッラ監督だが、ミランの株式売却が難航している影響で補強は期待できない状況となっている。クツカが新たな役割をこなすことができれば同指揮官にとって大きな補強となるだろう。

 クラブからのサポートが少ない中で結果を出していきたいモンテッラ監督。本田は同指揮官の信頼を勝ち取ることはできるのだろうか。

(文:Keiske Horie)

フットボールチャンネル

最終更新:8/4(木) 6:07

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。