ここから本文です

久保裕也、五輪断念の辛さ払拭する2得点! PK戦に勝利しCLプレーオフ進出決定

フットボールチャンネル 8/4(木) 6:00配信

【ヤングボーイズ 2-0(PK:4-2) シャフタール・ドネツク チャンピオンズリーグ予選3回戦2ndレグ】

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 現地時間3日にチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦2ndレグが行われ、ヤングボーイズはウクライナの強豪クラブであるシャフタール・ドネツクと対戦。クラブ事情により五輪出場断念のFW久保裕也が2得点決める活躍を見せ、PK戦を制したヤングボーイズがプレーオフ進出を決めている。

 久保の所属クラブであるヤングボーイズが、FWアレクサンデル・ゲルントの負傷を理由に招集を拒否したため急遽霜田NDがミーティングを開催。返答期限まで待ったのち、クラブの了承を得ることができなかったため招集を断念した。

 そのため久保はチームに残り、この試合に先発出場している。試合開始して54分、味方選手が左サイドからゴール前に折り返したボールを冷静に久保がゴールに流し込み先制。さらに60分、再び味方選手が左サイドからゴール前にパスを送り、それを受け取った味方選手が後ろに落とし、近くにいた久保がシュートを放って2点目を決めている。

 1stレグは0-2となり敗れていたが、これで2戦合計2-2となり追いつくことに成功している。その後、延長戦に突入したがそこでは勝負決まらず。勝負の行方はPK戦に委ねられた。そして、PK戦は4-2という結果となり、ヤングボーイズが勝利している。これによりヤングボーイズがプレーオフに進出することになった。

【得点者】
54分 1-0 久保(ヤングボーイズ)
60分 2-0 久保(ヤングボーイズ)

フットボールチャンネル

最終更新:8/4(木) 10:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。