ここから本文です

ハメス移籍騒動にピリオド? ジダン明言「出て行って欲しくない」

フットボールチャンネル 8/4(木) 7:20配信

 残留か、移籍か。去就の定まらないレアル・マドリーのハメス・ロドリゲスについて、指揮官のジネディーヌ・ジダン監督は、残留を求める発言をした。3日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 バイエルン・ミュンヘンとのアメリカ遠征でのプレシーズンマッチ最終戦を前日に控え、会見に臨んだジダン監督は、ハメスの去就について、「彼はマドリーの選手だ。出て行って欲しくない」と明言し、「彼がやるべきことはトレーニングし、プレーすることだ。その上で、私が決断をしなければならない」と続けた。

 そして、「今季は、より彼がプレーすることを願っている。彼には才能があるのだ」とコメントする。さらに、「私が望むのは選手たちが100%を捧げること。そして私は25人の中から、毎試合チームを構成しなければならなのだ。ハメスとて無関係ではない。彼はこのチームの一員として問題ない」と述べている。

 ジダン監督の発言からは、25歳のコロンビア人MFがチームの枠組みの中に入っていることがうかがえる。そして、ハメス自身も残留を希望する発言を残していることからも、このままシーズンインという流れになってきたようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/4(木) 7:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。