ここから本文です

ナイジェリア4度目の渡航遅延に大統領介入との報道も! 手倉森J不戦勝の可能性まで浮上

Football ZONE web 8/4(木) 13:27配信

飛行機が小さすぎてチーム全員登場できず…試合当日の朝出発に

 リオデジャネイロ五輪1次リーグ初戦で手倉森ジャパンと対決するナイジェリア代表が日本時間5日(現地時間4日)に合宿地のアメリカから4度に渡る渡航遅延となった。4日(現地時間3日)にようやくチャーター機でブラジル入りするはずが、機体の問題でチーム全員が搭乗できないことが発覚。再三再四のドタバタぶりで、チームはアトランタ市内のホテルに引き上げた。すでに試合開始まで24時間を切っており、事態の収拾にナイジェリアの大統領が介入する可能性も浮上しているという。南アフリカのサッカー専門サイト「アフリカンフットボール」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 スーパーイーグルスの異名を持つナイジェリアは再び飛び立てなかった。3日夜に合宿地のジョージア州アトランタからブラジルに飛び立つ予定で、チームは空港に到着した。すべてのゴタゴタを忘れ、機上の人になるはずが、選手はホテルに引き返した。

 理由は衝撃的だ。「チーム全員が搭乗するには小さすぎた」とレポートされている。3度のドタキャンの末に手配した飛行機は23人の選手、コーチングスタッフが乗れなかったようだ。代表のチーム幹部は試合当日の朝に出発する予定と話したという。

キックオフまで24時間を切り大ピンチ

 前代未聞のドタバタぶりに、「日本戦を棄権しないよう、この終わりを見ないドラマに大統領が介入する報道も出ている」と報じられている。

 すでに日本戦キックオフまで24時間を切っており、手倉森ジャパンには拍子抜けの不戦勝の可能性も浮上した。日本代表はマナウスのピッチで対戦相手を迎え入れることができるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/4(木) 13:27

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。