ここから本文です

前エバートン指揮官がベルギー代表監督に就任。2018年W杯出場を目指す

フットボールチャンネル 8/4(木) 8:20配信

 ベルギーサッカー協会は3日、ベルギー代表の新監督に昨季までエバートンを率いていたロベルト・マルティネス氏が就任することを発表した。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 一時はFIFAランキング1位に躍り出たベルギーだったが、期待されて挑んだEURO2016ではベスト8で敗退している。その結果を受けてチームを率いたマルク・ヴィルモッツ監督が今年7月に解任された。

 次期ベルギー代表監督の候補に昨季までマンチェスター・ユナイテッドを率いたルイス・ファン・ハール氏の名前なども浮上したが、最終的にマルティネス氏を招聘することに決まった。マルティネス氏は過去にスウォンジー・シティやウィガン、エバートンなどのクラブを率いた経験があるスペイン人指揮官だ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/4(木) 9:43

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ