ここから本文です

“ゲームメーカー”メッシがレスター戦で圧巻の3点演出! 地元紙9点の異例評価で大絶賛

Football ZONE web 8/4(木) 14:10配信

「彼のブーツが全ての危険なプレーを生んだ」

 3日(日本時間4日)に行われた親善試合インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のバルセロナ対レスターは打ち合いの末に4-2でバルサが勝利した。スペイン紙「スポルト」はバルサの選手を採点し、3得点に絡んだFWリオネル・メッシに10点満点中9点をつける高評価でエース健在を讃えた。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 昨季リーガ王者とプレミア王者の激突で輝いたのはやはりメッシだった。前半26分中央のメッシは左サイドのFWムニルにスルーパスを通すと、左足でシュートをゴール右隅に流し込んで先制した。続く同34分にはメッシからの華麗な浮き球パスをエリア右で受けたFWルイス・スアレスが強引なドリブル突破から追加点をゲットした。

 そして、終了間際にはメッシの左サイドへ大きく展開からL・スアレスが中央のムニルへ完璧な浮き球のパスを通した。ムニルも完璧なトラップで応え、シュートを左足で冷静に流し込んだ。メッシは前半の3得点にすべて絡み、司令塔アンドレス・イニエスタ不在のチームで卓越したゲームメーク能力も見せつけた。

 キャリア最悪のオフを過ごした。脱税問題でバルセロナの裁判所から父親と共に有罪判決を受け、6月のコパ・アメリカ・センテナリオの決勝チリ戦でPK戦で敗れ、傷心のあまりに代表引退を宣言した。ドン底から心機一転の意味を込めたのか、金髪に染めたメッシに対して、同紙も称賛の声を挙げている。

「レオがいるとき、チームは非常にスムーズにプレーした。相手守備を切り裂く鮮やかなパスなど3ゴールを含めて、彼のブーツによって、すべて危険なプレーを生んだ。メッシのチームメートは冷静により多くのゴールを狙うことができる」

脱税事件、代表引退… 激動のオフの果てに天才躍動

 10点満点中9点の圧倒的な高評価でエースに敬意を表した。メッシの存在感の大きさはチームメートの採点にも影響している。2点目を奪ったL・スアレスも8点の高評価を受けているが、「彼はいつものような粘り強さでゴールを挙げ、そしてメッシともよく連携されていた」とピチーチ(得点王)に輝いた昨季に引き続き、メッシとの良好なコンビネーションを築いていると指摘されている。

 絶対的3トップ「MSNトリオ」のうち、ブラジル代表FWネイマールはリオデジャネイロ五輪参加のため現在チームを離れているが、バルサが誇るナンバー10は傷心のオフを乗り越え、リーガ開幕に向けて順調に仕上げている模様だ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/4(木) 14:10

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。