ここから本文です

モウリーニョ体制戦力外のシュバイニーにまた悲報…古巣バイエルン新指揮官も「構想外」

Football ZONE web 8/4(木) 15:40配信

DFラームら復帰歓迎の声もアンチェロッティ監督が一刀両断

 ジョゼ・モウリーニョ政権下で戦力外となり、ロッカールーム追放の仕打ちまで受けたマンチェスター・ユナイテッドのドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーの悲運はまだ終わりそうもない。古巣バイエルン・ミュンヘン復帰の可能性が浮上していたが、カルロ・アンチェロッティ新監督は「シュバインシュタイガーは構想外」と一刀両断にしている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 シュバインシュタイガーは昨夏に下部組織から一筋を貫いていたバイエルンを離れ、ユナイテッドに移籍した。しかし、恩師ルイス・ファン・ハール前監督の退任によってその立場は一気に悪化。モウリーニョ新監督の下では戦力外となり、リザームチーム行きを命じられたという。指揮官はシュバインシュタイガーの32歳の誕生日である8月1日に個人面談を行った際、問答無用で「ロッカールームを片付けるんだ」と非情通告を行ったと英メディアはレポートしている。

 ドイツ代表引退を発表したばかりのシュバイニーの苦境を救うべく、古巣は立ち上がっていた。独誌「シュポルト・ビルト」はバイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOと同僚DFフィリップ・ラームのコメントを紹介した。

 ルンメニゲCEOは「どこかで彼とは復帰の希望について話さなければならない。彼と話し合うことになるだろう」とシュバインシュタイガー復帰を示唆。代表とクラブの両方で苦楽をともにしてきたバイエルンの元ドイツ代表主将DFフィリップ・ラームも「選手にとってクラブと強く結び付いていることは大切なこと。バスティはみんなのことも、ここにある全てのこともよく知っている。彼がこのチームでプレーするのは運命だ」と盟友との再会を心待ちにしていた。

「ミュンヘンに戻ってくる時ではない」

 だが、バイエルンのシュバイニー救済計画は新監督の意向であっさりと消滅しようとしている。英衛星放送スカイ・スポーツによると、アンチェロッティ監督はバイエルンでブンデス優勝8回に貢献した英雄の帰還を完全否定している。

 「フットボールの世界に、もしという言葉は存在しない。シュバインシュタイガーは我々の構想には存在しない。彼はバイエルンにとってファンタスティックな選手だった。フットボールの世界にとってもファンタスティックな選手だった。だが、ミュンヘンに戻ってくる時ではないと私は思う」とまで言い切った。

 チリ代表MFアルトゥーロ・ビダル、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ、シャビ・アロンソら実力者ぞろいの中盤に、ポルトガル代表の18歳の超新星MFレナト・サンチェスが加わった。32歳でパフォーマンスの落ちてきたシュバインシュタイガーがポジションを手にすることは難しい状況だ。

 ユナイテッドで屈辱の戦力外を味わったシュバイニーは、下部組織時代から17年間プレーした心のクラブに復帰することも叶わない悲劇となった。ドイツの英雄の新天地はどこになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/4(木) 15:40

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。