ここから本文です

イグアイン、ユーベ移籍はなぜ「禁断」か? 150年に及ぶ南北問題、トリノに軽蔑され続けたナポリの歴史

フットボールチャンネル 8/4(木) 10:20配信

ユベントスは、ナポリからアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインを9000万ユーロ(約102億円)にも上る高額な移籍金で獲得した。ナポリからユベントスへの移籍は「禁断の移籍」と呼ばれており、イタリアサッカー界ではタブーのひとつとされている。では、なぜ「禁断」なのだろうか。そこには、150年以上も前から続くナポリとトリノの南北問題が大きく関係していた。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

【写真】スタジアムに現れた美しきサポーターたち

イグアイン、宿敵ユーベに移籍…なぜ「禁断」なのか?

 9番のユニフォームが火をつけて燃やされ、トイレに流される。そんな画像がソーシャルメディア上を飛び交う――。昨季ナポリでセリエA記録となる36ゴールを挙げたゴンサロ・イグアインのユベントス移籍が濃厚になった7月末、ナポリのファンは激しい怒りを露わにした。

 彼らにとっては、「禁断の移籍」だった。もともとナポリのファンは、ユベントスをことのほか敵対視している。近いところでは2010年、地元出身のファビオ・クアリアレッラが同クラブに移籍し、ファンの怒りを買っている。「ナポリにいた人間なら、自分があっちに行くことが何を意味するか分かるだろうに」と、イグアインの大先輩でナポリの“神”であるディエゴ・マラドーナは嘆いた。

 ただ、選手が良い条件を求めて移籍すること自体は当たり前になっている。イグアインは当初ナポリとの契約を延長するつもりでいたが、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長が大型補強をする意思を示さなかったために、移籍を決意したのだという。ナポリもまた、ビジネスとしてイグアインを出すことも想定していた。契約には9450万ユーロの違約金を支払えば解除されるという条項が付いていた。そしてそれを支払うクラブが現れ、それがユベントスだった。それだけの話だ。

「デ・ラウレンティスは僕にいい振る舞いをしてくれなかった。もう一緒にいたくなかった。ユーベは僕を連れてくるために大変な努力をしてくれたから、僕は満足している」。ユベントスの入団会見でイグアインはそう話す。代理人を務める実兄のニコラスも「そもそも金を受け取って満足しているのは会長だ」と語った。

 クラブには大金が入ったのだから、むしろファンはイグアインに感謝すべきだという言い方もできるかもしれない。しかし、彼らにとっては簡単に割り切れる話ではない。ユベントスへの憎悪は積年のもの、それもサッカーのみならず社会史にまで関わる根深いものだ。

1/3ページ

最終更新:8/4(木) 10:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。