ここから本文です

“日本のメッシ”久保が3学年飛び級でユース得点王に! バルサで身につけた別格の実力示す

Football ZONE web 8/4(木) 20:46配信

西紙も「バルサ帰還間違いなし」と太鼓判の活躍

 “日本のメッシ”が15歳にしてユース得点王に君臨した。4日、第40回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会決勝戦、FC東京U-18対清水エスパルスユースが味の素フィールド西が丘で行われ、FC東京U-18が2-0で勝利し、2008年大会以来3度目の優勝を果たした。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 バルセロナの下部組織でプレーしていた注目のU-17日本代表FW久保建英は後半から途中出場。この日は得点こそなかったものの、今大会通算7試合で5得点を挙げて、高校生年代の大会で、小柏剛(大宮ユース)、滝裕太(清水ユース)とともに大会得点王に輝いた。

 今大会、全試合で途中出場の久保の出番は後半16分にやってきた。1人目の交代で背番号41の久保がピッチへと送り出されると、FC東京サポーターは“タケフサ・コール”を起こした。ボールを受けると軽やかなスキルでコーナーキックを獲得すると、後半42分にはペナルティエリア手前で右足を一閃。際どいシュートを放った。

 この日はゴールできなかったが、まだ中学3年生の久保は高校生年代の大会で、全て途中出場というプレータイムながら5得点。3学年もの飛び級で圧巻の得点王に輝いた。

 クラブユース選手権でのゴールラッシュはスペインにも轟いている。2015年3月までバルセロナの下部組織に所属していた久保について、スペイン紙「スポルト」は「これらの偉大なゴラッソにより、タケがバルサに戻るのは簡単なことに疑いはない」と特集している。バルサのトップチームへの凱旋が待たれる日本のメッシは別格の実力を示し続ける。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/4(木) 20:46

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。