ここから本文です

ミラン、念願のDF補強実現へ。アルゼンチン1部の有望株を8億円で獲得か

フットボールチャンネル 8/4(木) 11:40配信

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランは、遂にDFの補強へ一歩近づいたようだ。3日にイタリアの『ジャンルカディマルツィオ.com』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ビジャレアルに所属するDFマテオ・ムサッキオの獲得交渉が破談に終わったミランは、時間を無駄にしないためにも既に新たなDFの獲得へ乗り出した。その選手が、アルゼンチン1部のラヌースに所属するパラグアイ代表DFグスタボ・ゴメスである。

 先日開催されたコパ・アメリカ・センテナリオにも出場したG・ゴメスは、昨季のアルゼンチンリーグで最も優秀なDFの1人と称賛された有望株だ。同選手のパフォーマンスに納得したミランは交渉を開始し、既にG・ゴメスと代理人と個人合意に至っている。

 ミランは、出場回数によって800万ドル(約8億円)での買い取りが義務付けされる買い取りオプション付き期限付き移籍で獲得するオファーをラヌースへ提示したと報じられた。フィオレンティーナも獲得を狙っているようだが、ミランの方が獲得に一歩リードしている。

 ラヌースは、G・ゴメスの保有権の半分しか所有していない。そのために現在クラブ・リベルタからもう半分の保有権を200万ドル(約2億円)で買い取ろうとしており、それから約2倍の移籍金でミランへ売却するつもりのようだ。

 ミランにとっては実現すればヴィンチェンツォ・モンテッラ監督以降、初めての補強となるG・ゴメス。念願のDF獲得が目前に迫っている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/4(木) 11:47

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。