ここから本文です

バロテッリ、新天地はオランダか。名門アヤックスが移籍先に浮上

フットボールチャンネル 8/4(木) 12:00配信

 リバプールに所属する元イタリア代表マリオ・バロテッリに新たな移籍先が浮上したようだ。3日、イタリア『ジャンルカディマルツィオ.com』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 リバプール指揮官のユルゲン・クロップ監督に戦力外通告を言い渡されたバロテッリは、現在新天地を探している。先日トルコ1部のベジクタシュへの移籍が噂されたが、チームの指揮官に獲得の意思がないことを告げられた。

 そこで新たに浮上した移籍先がオランダの名門アヤックスだ。アヤックスは、同日行われたチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦2ndレグでギリシャのPAOKテッサロニキを1-2で破り、2試合合計2-3としてプレーオフに進出している。その結果、UEFAランキングの規定によりアヤックスがシード国になった。本大会出場を望む同クラブが移籍市場の戦略を変更したようである。

 アヤックスは、先日エースのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクをナポリに3300万ユーロ(約37億円)で売却した。これによりCLで活躍できるような新たなエースを探しており、バロテッリに白羽の矢が立ったとみられている。

 イタリア系オランダ人である代理人のミノ・ライオラ氏は、既にクラブと接触を行っていたようだ。そして、アヤックスがプレーオフに出場したおかげでその取引が可能となるとみられている。

 遂に見つかるかもしれないバロテッリの新天地。早ければプレーオフ第1戦が行われる今月の16日、17日までには、新たなユニフォームを着たバロテッリの姿が見れるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/4(木) 12:04

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。