ここから本文です

本田、ミラン新監督下では先発落ちか。チェルシー戦でも途中出場

フットボールチャンネル 8/4(木) 12:24配信

【ミラン 1-3 チェルシー ICC】

 国際親善大会インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)が現地時間の3日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはチェルシーと対戦した。

【動画】本田のアニメ動画が話題! 星陵高校からミラン加入までのストーリー仕立てに

 戦前の予想で先発出場が見込まれていた本田だが、ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ新監督は4-3-3の右ウイングにスソを選択。一方、チェルシーのアントニオ・コンテ新監督はセンターハーフにセスク・ファブレガスを起用した。

 両チームのスターティングメンバーメンバーは以下。

【ミラン:4-3-3】
GK:ドンナルンマ
DF:パレッタ、アバーテ、ロマニョーリ、カラブリア
MF:ポーリ、ボナベントゥーラ、クツカ
FW:スソ、ルイス・アドリアーノ、ニアン

【チェルシー:4-4-2】
GK:クルトワ
DF:アイナ、ケーヒル、テリー、アスピリクエタ
MF:ウィリアン、ファブレガス、マティッチ、モーゼス
FW:トラオレ、D・コスタ

 序盤戦の試合を支配したのはミラン。丁寧なパス回しからボールを保持していく。しかし24分、先制点はチェルシーに生まれる。スローインからバイタルエリアでボールを受けたトラオレが左サイドに展開すると、モーゼスのシュートをGKドンナルンマが弾いたところを再びトラオレが押し込んだ。

 それでも38分、今度はミランが反撃する。ゴール前でFKのチャンスを得ると、ボナベントゥーラが素晴らしいキックからゴール左上隅に突き刺した。

 67分にはL・アドリアーノに替わって本田が投入される。しかし、直後にポーリのハンドからチェルシーがPKを獲得。これをオスカールが決めて勝ち越しに成功する。

 終了間際にはオスカールが2点目を決めた1-3で試合は終了。新指揮官対決はコンテ監督に軍配が上がった。

【得点者】
24分 0-1 トラオレ(チェルシー)
38分 1-1 ボナベントゥーラ(ミラン)
70分 1-2 オスカール(チェルシー)
87分 1-3 オスカール(チェルシー)

フットボールチャンネル

最終更新:8/4(木) 12:26

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。