ここから本文です

久保建英、決勝は不発も得点王に輝く! FC東京が清水下し8年ぶりユース選手権制覇

フットボールチャンネル 8/4(木) 19:53配信

 4日、味の素フィールド西が丘にて第40回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の決勝、FC東京U-18対清水エスパルスユースが行われた。準決勝で豪快なフリーキックからゴールを奪った久保建英はベンチスタートとなった。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 試合は序盤からFC東京U-18がペースを握る。前半35分、FC東京U-18はピッチを大きく使いながら清水エスパルスユース陣内に攻め込むと、ペナルティエリア外から4番・鈴木喜丈がシュートを放つ。シュートはゴールポストに直撃するが、こぼれ球が清水エスパルスユースGKの背中に当たり、そのままゴールに吸い込まれる形でFC東京U-18が先制に成功する。

 さらに前半終了間際には、6番・岡崎慎のロングフィードに抜け出した11番・半谷陽介が見事なボールコントロールから落ち着いてGKとの1対1を制し、追加点。FC東京U-18が2点をリードし前半を折り返す。

 2-0とリードするFC東京U-18は後半16分、久保建英を投入する。中学生ながらここまで5ゴールをあげ得点ランキングでトップに立つ久保はFWのポジションに入ったがゴールをあげることはできなかった。

 試合はそのまま2-0で終了し、FC東京U-18が8年ぶりに第40回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会を制覇した。

久保は決勝での得点はなかったが、中学生ながら、小柏剛(大宮アルディージャユース)、滝裕太(清水エスパルスユース)と並び得点王に輝いた。

フットボールチャンネル

最終更新:8/4(木) 20:31

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。