ここから本文です

英テック業界に深刻な「技能ギャップ」? 平均年収も米都市の6割

Forbes JAPAN 8/4(木) 7:00配信

欧州の他のどの国よりも、テクノロジー業界のユニコーン(評価額10億ドル、約1,024億円以上の非上場ベンチャー企業)が増加している英国は、同地域のテクノロジー・ハブと考えられている。



英国はまた、主要20か国・地域(G20)の中でも、国内総生産(GDP)比でみれば最大のデジタル経済だ。だが、この分野で求められているスキルに関する需要と供給の問題でいえば、警戒すべき状況が生じている。

求人情報サイト、ハイアード(Hired)が先ごろ公開した報告書は、英国のテクノロジー業界における人材とスキルに関する現状を示すと共に、企業は今後の成長のため、求める人材と現状との隔たりをいかに解消していくべきかについて明らかにしている。

報告書によれば、従業員らが持つスキルと、雇用主が求めるスキルの間には大幅なずれがある。特にそれが目立つのは、データ、セキュリティー、ユーザインターフェイス(UI)、ユーザエクスペリエンス(UX)の主要4分野だ。また、パイソン(Python)、デブオプス(DevOps)、ルビー(Ruby)も、人材の需要が非常に多い一方で、スキルを習得している人が少ないと指摘されている。




さらに、英国のブレグジット(EU離脱)が決定した今、この国のテクノロジー業界で働く3人に1人が欧州の別の国の出身者だという事実は、憂慮すべきことだという。「デジタル大国」であるという英国の立場はこれまで、英国出身でこれらのスキルを持つ人材の不足を、外国人労働者に補ってもらうことで成り立ってきたのだ。

米4都市を下回る賃金水準

報告書はこのほか、コンサルティング会社EYのデータに基づき、ロンドンは現在、サンフランシスコに次いで、テクノロジー業界の大手企業が誕生する可能性が2番目に高い都市に位置付けていると紹介している。
--{官民挙げての支援が必要}--
だが、EUからの離脱が決まり、欧州との間の労働者の移動の自由に関する不透明性が高まる中、英国は現在の地位を維持することができるのだろうか?欧米に加えアジアでも、それぞれのハブが一層、魅力を増している。

これを実現できるかどうかについての重要な指標として、報告書が挙げているのが賃金だ。「ソフトウェア開発は、職種としては比較的新しいものだ。そのため、従来からあるその他の職種に比べ、賃金水準に関する労働者側の認識が確立しているとはいえない」という。

ただし、それでもテクノロジー業界の賃金水準は、英国内のその他の業種に比べれば高いといえる。英国家統計局や英国医師会などの統計によると、同国のソフトウェア開発者の平均初任給は年収3万2,500ポンド(約437万円)。大卒初任給の平均よりも7~25%高い。

また、過去1年6か月の間には、以下のスキルを持つ人たちの賃金が特に上昇した──セキュリティーエンジニア(31%)、データサイエンティスト(29%)、QAテストエンジニア(18%)、パイソンエンジニア(14%)、アンドロイドエンジニア(13%)。報告書によれば、こうした変化は「労働力の需給ギャップを反映」すものだ。

一方、ロンドンのソフトウェア・エンジニアの基本給は、サンフランシスコとニューヨークで働く同業の人たちに比べてそれぞれ、38%、35%少ない。


報告書は、「われわれの調査の結果、米国内で働くソフトウェア・エンジニアの基本給が最も低かったアトランタと比べても、さらに低水準だ。英国をテクノロジー業界で世界的に競争力のある都市にしたいと考えるのであれば、英国の実業界も政界も、この大幅な隔たりの解消に向けて、対応していかなければならない」と指摘している。

Dina Medland

最終更新:8/4(木) 7:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。