ここから本文です

【リオ五輪】ハッタリではない「全勝金メダル」宣言。人を“本気”にさせる手倉森誠という男

SOCCER DIGEST Web 8/4(木) 6:00配信

闘将か? 智将か? それともモチベーターなのか?

 手倉森誠という監督を端的に言い表わすなら、どんな言葉が相応しいだろうか――。
 
 闘将。常に戦う姿勢は見せているが、ひとつの側面を捉えているに過ぎない。
 
 智将。緻密な戦略家であるのは間違いない。ただ、お得意の“ダジャレ”のイメージが先行して、どうもしっくりこない。
 
 モチベーター。選手を奮い立たせる言葉は豊富だ。これが最も当てはまるだろうか。
 
 思案した挙句、助けを求めることにした。手倉森のベガルタでのコーチ時代からを知る同クラブのあるスタッフに聞いてみた。
 
 もっとも、そのスタッフは長い時間を手倉森とともに過ごし、有り余る魅力を知り尽くしているからこそ、「どれもピンと来ないんですよね」と、すぐに一言で表現することに難儀していた。
 
 それでも、思い出を一つひとつ紐解き、ある時にかけられたフレーズと当時の自身の心情が蘇ると、最適解を見つけた感触があったという。
 
 2011年の春。東日本大震災が起こり、被災地クラブとなったベガルタは、活動再開に向け、千葉県でキャンプを張っていた。
 
 当時は広報としてチームに帯同していたそのスタッフは、トレーニングできる環境を与えてもらったことに感謝しつつ、いつもとは勝手が違うなかで悪戦苦闘しながらも、しかし仕事に集中し切れずにいた。
 
 宮城県石巻市出身の彼は、仙台から遠く離れ、すぐには地元に戻ることができない距離にいることで、“地元を離れてしまっていいのか”と自問自答を繰り返していた。復興に向けて、自分の家族や故郷の人たちは大変な思いをしている。いくら仕事とはいえ、自分は千葉にいていいのか。やるべきことを残してきてしまったのではないか。
 
 引き裂かれそうな気持ちをなんとか抑え込み、ひとまずはベガルタでの仕事をこなしていく。
 
 そんな葛藤に苦しむスタッフの姿を、手倉森が見逃すだろうか。
 
「どういう意図で言ったのかは、直接聞いてないから知りませんけど。誠さんも覚えていないでしょうし」
 
 そう振り返る彼は、しかし、手倉森にかけられた言葉で一気に仕事に集中できるようになった。一切の迷いなく、ベガルタのために全力を注ぐことができるようになったという。
 

【リオ五輪PHOTO】バックアップメンバーも参加。マナウス練習2日目

1/3ページ

最終更新:8/5(金) 3:54

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。