ここから本文です

中3・久保建英が得点王に! 日本クラブユース選手権はFC東京U-18が8年ぶり制覇!

SOCCER DIGEST Web 8/4(木) 20:57配信

U-18年代の大会で中学生が得点王を獲得。

 第40回日本クラブユース選手権は8月4日、東京・味の素フィールド西が丘で決勝が行なわれ、FC東京U-18が清水ユースを2-0で破り、8年ぶり3回目の優勝を飾った。

巧さだけでは通用しない――久保建英という才能に“森山イズム”がさらなる磨きをかける

 試合は、前半からFC東京U-18がペースを握り、32分に鈴木喜丈が先制点を奪う。さらに45分には半谷陽介が追加点を挙げ、前半でFC東京U-18が2点をリードする。

 ここまで5得点を挙げ、得点王レースのトップに立つ久保建英は、61分に途中出場。ゴールは生まれなかったが、チームは2点のリードを守り切り、2-0で勝利。クラブユース日本一の座に輝いた。

 なお、現在中学3年生の久保は、小柏剛(大宮ユース)、滝裕太(清水ユース)とともに5得点で、U-18年代の今大会で得点王に輝いている。

最終更新:8/4(木) 20:59

SOCCER DIGEST Web