ここから本文です

おまけのスープも絶品! 渋谷で炭火焼肉がワンコイン

R25 8/5(金) 7:00配信

暑いこの時期、さっぱりした食事を求めがちな反面、たまらなく「肉が食いてえ」ってなることありませんか?

ハンバーガー、牛丼、それもいいでしょう。でもそんなときの己が求めるところの“肉欲”は、焼肉でないと満たされない…この感覚、わかっていただける方も多いはず。とはいえ、相手はあの焼肉ですから、懐事情を気にすればそうは簡単に欲望に向けて突っ走るわけには…いくんですね。

「いくどん 渋谷店」は渋谷という一等地にありながら、ワンコインで“本物の焼肉”が味わえるお店。「いくどん」自体は数店舗ありますが、ここ渋谷店のみランチタイム限定で、カルビ定食、ホルモン定食がこの値段で食べられるのです。

焼肉といえば、正肉でなくホルモン。たとえ食べ放題であろうとカルビやロースに目もくれず、ホルモンをむさぼるホルモン教の筆者にとって、「ホルモン」の選択肢はありがたい限り。ホルモン定食は、シロ、ナンコツ、タン、ハツ、レバ、カシラの中から好きなものを2品選べるので、シロとハツを注文。

■ケムリ上等! 炭火で焼くぜいたくランチ

そうして早速運ばれてくるのは、肉…ではなくて七輪なんですけど、これが大事! 七輪ってことは、当然ガスでなくて炭火で焼けるってこと。肉を載せれば滴る脂で煙がもうもうと立ち上るわけで、昼間からこの煙を浴びることができる優越感ったらないですね。

肉の量はさすがに腹一杯、とはいきませんが、ランチタイムにパッと食べるには程よいところでしょう。それにキャベツ食べ放題、ウーロン茶、スープ飲み放題の嬉しいサービスがついているんです。ワンコインなのに…

「夜の営業時に来ていただくために、まずはワンコインでお試しいただく…といった趣旨でして、実のところ儲けはほとんど出ていません。ランチタイムはホルモン定食とカルビ定食、あとはアルコールの提供のみ。下ごしらえさえ終えておけば、肉はお客様が焼いてくれますからね。調理スタッフの人件費を抑えることで、なんとかやっている感じです。おすすめは毎日仕入れる生ホルモン、とくにシロですね。『シロを食べずに来る意味ナシ』って言いたいぐらい、とにかくシロと独自の味噌だれには自信がありますので、ぜひ一度、食べてみてください」(いくどん渋谷店店長・山崎亮さん)※「崎」の字、正しくは山へんに竒

お話を聞いている間に、丁度いい具合に焼けてきましたよ。シロは臭みが抑えられつつ、独特の風味はしっかり残っていて「これぞホルモン」な感じ。味噌だれと脂の甘味がご飯に合いますなあ。ハツもコリコリ食感でこれまた結構、ビールが欲しくなりました…。

メインはもちろんですが、飲み放題のスープも絶品。じっくりと時間をかけて煮出された、濁りのないほんのり黄金色の鶏ガラスープは、肉の脂で重くなった口をさっぱりさせてくれます。なによりこの時期、汗をかいた体に程よい塩分と鶏ガラの滋味が染み渡りますなあ~。

ちなみに、筆者が勝手におススメするのが少し残しておいたご飯に、鶏ガラスープをザバっとかけてサラサラといただく、締めのお茶漬け風の食べ方。これだけでもうワンコインの価値ありです。マジで。
(宇都宮雅之)

■ワンコイングルメ 第16回

元祖七輪炭火焼 いくどん渋谷店
「ホルモン定食」500円+税

場所・東京都渋谷区道玄坂2-25-10ベニービル2F
アクセス・JR渋谷駅ハチ公口から徒歩5分
営業・月~土、祝前日12:00~24:00(ワンコインランチは月~金12:00~15:00のみ)。日、祝日 16:00~23:00
定休日・なし

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/5(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場