ここから本文です

女友達はいいけど… 彼女にやめてほしい悪習慣TOP10

R25 8/5(金) 7:00配信

夏休み、仲間内でのバーベキューや野外フェスなどで、女友達だったあの子とひょんなことから交際に発展…なんて話をよく聞く。互いの事情をよく知っている友達だからこそ気負わずに付き合えそうだが、逆に「彼女になったからこそやめてほしい」と思う習慣もあるかも…。そこで、20~30代男性会社員200人に「女友達なら許せるけれど、彼女にはやめてほしい習慣」についてアンケート調査を実施した。(R25調べ・協力/アイリサーチ)

■女友達なら許せるが、彼女にはやめてほしい習慣TOP10

(14項目から上位1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、1位=1ptで集計)

1位 タバコを吸う 263pt
2位 男っぽい言葉を話す 126pt
3位 遅刻癖 124pt
4位 どんぶり勘定や衝動買いなどの浪費癖 103pt
5位 飲みすぎて悪い癖が出る 84pt
6位 電車などの公共の場でのメイク直し 62pt
7位 露出度の高い服を着る 61pt
8位 エクステやつけまつげなどの「盛りメイク」 51pt
8位 靴のかかとを踏む 51pt
10位 毎日の晩酌 39pt

※参考
彼女にやめてほしいと思う習慣はない 162pt

2位と100pt以上の差をつけて、「タバコを吸う」が1位に躍り出た。加えて「遅刻癖」「浪費癖」「酔い癖」など、だらしなさを感じさせる“癖”も上位に食い込んだ。やはり彼女になったらからには、それなりにきちんとしていてほしいのが彼氏の本音…? 以下、それぞれを選んだ理由も教えてもらった。

●1位 タバコを吸う 263pt
「おばあさんになって吸ってる姿を想像してしまう」(29歳)
「百害あって一利なし。健康のためにも彼女だけにはやめてもらいたい」(30歳)
「自分が吸わないから彼女にも吸って欲しくない」(33歳)
「体に悪いから。仮に結婚して、子どもを作る場合、胎児に悪影響だから」(34歳)

●2位 男っぽい言葉を話す 126pt
「品がないから」(28歳)
「やはりガサツなイメージになってしまうので」(30歳)
「女性らしくなんて使いたくないが、お淑やかであってほしい」(31歳)
「結婚を意識するようになるので、言葉遣いが汚いと子どもに悪影響を与えるから」(32歳)

●3位 遅刻癖 124pt
「待たされるのは嫌いだから」(28歳)
「一緒に過ごすのだから時間には厳しくしてほしい」(30歳)
「これまでは特に問題はなかったが今後とんでもないことが起こりそうで心配になるから」(34歳)

●4位 どんぶり勘定や衝動買いなどの浪費癖 103pt
「金にだらしないのは苦労しそうなので」(28歳)
「価値観の同じ人がいいから」(32歳)
「将来、結婚したくないと思う」(39歳)

●5位 飲みすぎて悪い癖が出る 84pt
「女友達なら適当に流すし、面白いが、彼女だとすべて対応しないといけないから」(34歳)
「面倒くさいです。相手をしないといけないこっちの身にもなってほしいです」(38歳)

●6位 電車などの公共の場でのメイク直し 62pt
「マナーが悪いとほんと思う」(31歳)
「周りの迷惑を考えてほしい」(31歳)

●7位 露出度の高い服を着る 61pt
「嫉妬する」(26歳)
「襲われる危険が増えるから」(28歳)
「自分以外の人に対してのアピールだと思うから」(36歳)

●8位 エクステやつけまつげなどの「盛りメイク」 51pt
「普段のメイクで充分だと思っているので、無理に盛らないでほしいと思う」(32歳)

●8位 靴のかかとを踏む 51pt
「だらしないので」(32歳)

●10位 毎日の晩酌 39pt
「アル中になってしまうし、飲みすぎてゲロをされても…」(33歳)
「親父の象徴」(34歳)

「結婚」「子ども」など、2人の将来を考えているからこそ彼女にはやめてほしい…という切実なコメントが多数寄せられた。なかには、彼氏の注意を少々うるさく感じている女性もいるかもしれないが、それが男性の愛ゆえの行動なのだと気づいてほしいものだ。

(藤あまね)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/5(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。