ここから本文です

鈴木亮平がプレッシャーに?井上真央、アフレコの苦労話を披露

東京ウォーカー 8/5(金) 12:01配信

シリーズ累計100万部突破の児童文学を3DCGアニメ化した「ルドルフとイッパイアッテナ」(8/6(土)公開)。都会で迷子になる黒ネコ・ルドルフの声を演じるのが井上真央さん。

【写真を見る】さまざまなネコの鳴き声を研究したという、井上さんのアフレコ風景

「ネコを飼っていたこともありますし、幼いころに住んでいた家の近所にノラネコがたくさんいたので、鳴き声を真似するのは得意だったんです。でも、いざネコの役を演じてみると、言葉と鳴き声を交互に発しなければならなかったので、その切り替えがすごく難しかったですね」

ルドルフが都会で出会う、イッパイアッテナ役の鈴木亮平さんは声優初挑戦。ところが、彼の存在が逆にプレッシャーになったそう。「声優は初めてだとおっしゃっていたのに、最初から演技に安定感がありましたね。本当に上手で、焦りました」

ノラネコたちの友情やルドルフの冒険など、見どころたっぷりな本作。その美しい映像にも注目だ。「冒頭シーンのルドルフの毛並みのモフモフ感が最高ですね。思わず触りたくなりますし、3DCGならではのカメラワークも、ぜひ3Dの映像で見てほしいです」

いよいよ夏本番。「冬よりは耐えられるかな…」と実はあまり暑いのが得意ではない様子。井上さんならではの快適な過ごし方とは?

「毎年、友達とバーベキューをしたり、ワンちゃんを連れて近場をドライブしたりします。でも、うちの子は車が好きじゃないので、夏は家で扇風機にあたりながら、そうめんを食べている時が一番幸せかな。ツユは母親のレシピで、アゴダシにお酒と醤油を入れて、薬味にミョウガを添えて食べるのが最高です」

そうめんのツユに限らず、普段から料理もするという。そんな彼女の一番の得意料理が餃子!「1カ月に1回、餃子を欲する時があるんです(笑)。その時は自分で作ります。挽き肉にバラ肉を細かく刻んで入れるとジューシーになるのでおすすめです。あとは皮が破れる寸前までタネをパンパンに詰め込むのが自分流かな」

暑い時期が過ぎればあっという間に秋。秋は井上さん的にはテンションの上がる季節なんだそう。「涼しい時期だし、おでかけしたいですね、松茸とかおいしいものツアーに行きたいです!」【東京ウォーカー編集部】

最終更新:8/5(金) 15:02

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。