ここから本文です

伊集院光グッズがもらえる「謎生物の名前当て」ゲーム

東京ウォーカー 8/5(金) 18:00配信

夏休みは家族や親せきでゲームをするのも一段と盛り上がる。日本最大級のボードゲーム・カードゲームの専門店「すごろくや」が、子どもと一緒に遊べるかわいいゲームについて発表している。

【写真を見る】激レアな「イジュウインヒカル」カードがもらえるのは、このキャンペーンだけ

数ある子どもと遊べるゲームの中でもいま評判なのは、不思議カワイイ「謎生物のキャラクター」のビジュアルと「プレイヤーのことばセンス」で盛り上がれる、ロシアのカードゲーム「ナンジャモンジャ」という作品。謎の生物「ナンジャモンジャ族」に思いつきで名前を付け、同じものが出たらその名前をいち早く叫ぶというゲームで、1分から楽しめる簡単なルールも魅力だ。

このゲームの好評を受けて、すごろくやでは8月31日まで「伊集院光さん×ナンジャモンジャ:名付け当てキャンペーン」を実施中。謎の生き物「ナンジャモンジャ」5種類の、「伊集院光さんが付けた名前」を予想して応募すると、優秀者には特別な賞品がプレゼントされるのだとか。名前をズバリと当てるには、キャラクターの見た目やヒントを手掛かりに、「きっと伊集院さんならこんな名前を付けたに違いない」と想像力を働かせて名前を予想することが必要なので、難易度はなかなか高そう。

ただ、応募の中から「より近い予想であると判断された上位1000名」には、このゲームに混ぜて遊べる特製ナンジャモンジャ「イジュウインヒカル」カード5枚セットがプレゼントされるので、名前当てがハズレても、プレゼントがもらえるチャンスはバッチリ。ちなみにこのスペシャルカードは、ロシア本国のデザイナーが伊集院光さんをモデルに特別に描き起こした、このキャンペーンでしか手に入らないもの。伊集院光ファンやカードゲームマニアなら、垂涎の激レアアイテムかも。もちろん、伊集院さんが付けた名前にもっとも近い人や、伊集院さんが「面白い」と感じた人には、伊集院さん直筆サイン入りの特別な賞品も用意されている。

もしもバッチリ名前を当てられたら、「ひらめきの天才」と呼ばれる伊集院光のネーミングセンスに迫る才能があるのかも?なんてドキドキしちゃいそう。ナンジャモンジャは4歳から楽しめるゲームなので、親子で推理力を働かせ、応募してみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/5(金) 18:09

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。