ここから本文です

横浜中華街でネットが使い放題!無料Wi-Fiがスタート

東京ウォーカー 8/5(金) 21:06配信

横浜中華街で、無料Wi-Fiがスタートする。

REVSONIC株式会社は、横浜中華街発展会協同組合、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社、東日本電信電話株式会社神奈川事業部と協力し、「YOKOHAMA CHINATOWN Wi-Fi」を8月5日(金)から提供することを発表。

【写真を見る】横浜中華街で無料Wi-Fiがスタート

年間来訪者数2000万人以上を誇る横浜中華街だが、Wi-Fiはこれまで各店舗による設置にとどまっていた。通信環境によってWi-Fiサービスが使いにくく、接続可能箇所に利用者が溜まることで、通行の妨げになるなどの問題も発生していた。

今回の無料Wi-Fiは、横浜中華街公認。接続時間は60分/回だが、再接続すれば複数回利用可能となる。また、横浜中華街では初となる屋外の無料Wi-Fiのため、中華街大通り全体での利用が可能になり、来訪者もより便利に街の散策を楽しめることが見込まれる。

横浜中華街は、日本屈指のグルメスポット。心置きなくWi-Fiを利用して様々な情報を手に入れることで、観光の楽しみがさらに広がりそうだ。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:8/5(金) 21:06

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。