ここから本文です

ナイジェリア代表、試合開始6時間半前にブラジルに到着。不戦敗は回避

フットボールチャンネル 8/5(金) 5:31配信

 U-23日本代表とリオデジャネイロオリンピック1次リーグの初戦で戦うナイジェリア五輪代表が試合当日にブラジル入りした。アフリカのサッカー記者であるColin・Udoh氏が自身のツイッターでナイジェリア五輪代表の状況について説明した。

【リオ五輪メンバー】金メダル狙うナイジェリア代表。強力攻撃陣にOAもフル活用

 同氏は「彼らはマナウスに上陸した。U-23ナイジェリア代表はみんな笑顔だ」とのコメントと共に、空港に到着した選手たちの様子を写した写真を投稿している。試合に間に合うかどうかが危惧されていたが、どうやら不在となる状況は免れたようだ。

 ナイジェリア五輪代表はこれまでに資金難の影響などでチケットが入手できずアメリカ・アトランタからの出発を3度延期。現地時間4日の8時頃に飛び立ち、現地時間14時半頃に到着した。日本との試合は現地時間21時に開始される予定で、約6時半前になってようやく現地入りしたことになる。もし、試合までに間に合わなかった場合には不戦敗となる可能性も伝えられていたが、それは回避することになった。

フットボールチャンネル

最終更新:8/5(金) 6:35

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。