ここから本文です

GACKT「あゆ似のセクシー美女と西表島2泊3日の愛」

FRIDAY 8/5(金) 7:31配信

 眩しさで目を開けられないほどに降り注ぐ日差しの中、野生のマングローブに囲まれたリゾートホテルから美女が姿を現したのは、7月下旬の昼下がりだった。

 茶髪にBIGサングラス、腰にはタトゥーらしきものがチラリ。浜崎あゆみに酷似した外見もさることながら、目を引くのはその無防備すぎるファッション。

 Eカップはあろうマシュマロのような豊乳をタンクトップだけで包んでいるから、歩くたびにフルン、フル~ンと脇からこぼれ落ちそうなのだ。いや、実際、かなりハミ出ていたような……。

 あゆモドキはホテルのレンタサイクルに跨ると、レストランへ。店先で一服した後、あゆ似美女はハスキーな声で沖縄そばとビールを注文した。ゆったりとした時の流れ―どうやら、ヒマを持て余しているようだ。

 その理由はすぐ判明した。
 彼女が出てきたホテルの3階フロアから時間差でGACKT(43)が登場。車寄せで待っていたワンボックスでロケに向かったのだ。 「GACKTは主演映画『カーラヌカン』(’17年公開予定)の撮影をするため、西表島に滞在しているんですよ。沖縄の大自然を舞台にした映画で、海や山で連日、ロケが行われています」(制作スタッフ)

 歓喜のときが訪れたのは夜7時過ぎ。GACKTがロケから戻り、ホテル別館のレストランでディナータイムとなった。

 高級リゾートゆえ、他にも有名歌手やタレントが宿泊中。人目を気にして、一応、移動は時間差だ。ただ、それもオープンスペースにいる間だけ。個室に入ると、美女はGACKTの横に着席。付き人やスタッフらと一緒に夕食を楽しんだ。2次会のバーでは、深夜までトランプに興じる二人の姿があった。

「実はこの日で撮影は終了。GACKTは映画のクランクアップに合わせ彼女を西表島に呼び寄せたのです。前の日の夜にはラウンジで、彼女にヒザ枕をしてもらっていた。よほど気の許せる相手なのでしょう」(前出・スタッフ)

 翌日は朝からお出かけ。GACKTの趣味である釣りを楽しんだのか、二人が部屋に戻った後、発泡スチロールの箱が届けられた。チェックアウト前のひとときを楽しむと、GACKTと美女は西表島を船で離れたのだった。8月5日発売のFRIDAY最新号では、ツーショット写真を含め西表島での様子を掲載している。

 先ごろ、本家あゆがSNSにアップしたGACKTとの・・写真が話題となったが、そのウラで彼はあゆモドキと本物の愛を育んでいたのだ。ああややこしい。

PHOTO 川上孝夫

最終更新:8/5(金) 7:31

FRIDAY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。