ここから本文です

モデルのアンニャ・ルービック、自身のファッション感を語る。

VOGUE JAPAN 8/5(金) 22:00配信

ポーランド出身のモデル、アンニャ・ルービック(33)が自身のファッション感を語った。ヴァイス誌のインタビューの中でアンニャは、自身のスタイルはロックなテイストを取り入れつつ「タフさとフェミニンさ」が融合したものであるなどと、自身のファッションスタイルについて明かした。「私は自分のことを自由な精神を持った現代的な女性だと思っているの。私のスタイルはタフさとフェミニンさが混在してるの。パンクなニュアンス(NIUHANS)を持ち合わせたモダンなクラッシックっていうのが好きなの。そのときの気分とか、その日の予定によって変わることはあるけど、いつもなにかを物語っているもの、面白いディテールを持つもの、ワイルドな要素がある服を選んでいるわ。心地よく感じるっていうのも大切ね。自然に見えるのが好きなの」。

さらに、アンニャはグレイス・ジョーンズやデボラ・ハリーらを自身のファッションのお手本にしているそうで、「基本的に、自己意識と個性を強く持っている女性が好きなの。パティ・スミス、ブリジット・バルドー、デボラ・ハリー、シャーロット・ランプリング、ジェーン・バーキン、ビアンカ・ジャガー、デヴィッド・ボウイ、グレイス・ジョーンズとかね」と続けた。

そんなアンニャは先日フランスを拠点とするブランドIROとタッグを組んで、35点のアイテムを揃えたカプセルコレクションを展開しており、そのコレクションは自身のスタイルを反映したものだと話していた。

アンニャはこれまでフェンディ(FENDI)やクロエ(CHLOE)などのモデルとして活躍してきている。

Text by Bangshowbiz

最終更新:8/5(金) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。