ここから本文です

マンUのDF、出番減少濃厚も中国移籍を拒否…選手本人は残留を希望か?

フットボールチャンネル 8/5(金) 7:00配信

 マンチェスター・ユナイテッドに所属するアルゼンチン代表DFマルコス・ロホが中国スーパーリーグの上海上港に移籍することを拒否した。4日に英メディア『フォー・フォー・トゥー』が報じている。

【写真】美女サポーターが国旗をヒラリ…EUROを彩った欧州美女特集

 負傷していたDFルーク・ショーが長期離脱から復帰したことでロホの出場機会は減少すると見られており、今夏の放出候補と考えられている。そのロホに対して上海上港は興味を示し移籍金1200万ポンド(約16億2000万円)で打診したとのこと。しかし、選手本人が移籍を拒否しているようだ。

 ロホは昨季リーグ戦16試合に出場している。怪我人が続出する中でロホも負傷しチャンスを掴めなかった。今季はショーの復帰に加えてビジャレアルからDFエリック・バイリーを獲得したこともありロホの出場機会減少は濃厚だ。ビジャレアルからも関心を示されているが、現時点ではユナイテッドに残るつもりでいるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/5(金) 7:24

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。