ここから本文です

『シネ・ロック・フェス』アンコール上映決定 オアシス日本最後のライブ映像を

リアルサウンド 8/5(金) 10:00配信

 “音楽映画”の夏フェス『シネ・ロック・フェスティバル2016』のアンコール上映が決定し、オアシスのライブ映像『oasis FUJI ROCK FESTIVAL'09』が、8月13日から26日にかけて丸の内ピカデリーで上映されることが決定した。

 7月23日から8月5日までの2週間に渡って、ロック映画やドキュメンタリー映画など22本の作品が上映されてきた『シネ・ロック・フェスティバル2016』。連日の大入りにつき急遽決定したアンコール上映では、同映画祭のヘッドライナー作品として上映された『oasis FUJI ROCK FESTIVAL'09』が、全14回(予定)上映される。

 世界に先駆け日本で公開された本作は、2009年7月24日のフジロックフェスティバル初日にグリーン・ステージのヘッドライナーを務めたオアシスのライブ映像。このライブの約1ヶ月後、2009年8月にメンバーのノエル・ギャラガーが脱退を表明したことによって事実上解散となった、オアシスの日本での最後のライブの様子が収められた。楽曲は、「ロックンロール・スター」、「ライラ」、「ザ・マスタープラン」、「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」などが披露されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/5(金) 10:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。