ここから本文です

“白い生物”は新たな死神“アーマ”だった! 『デスノート』新場面写真公開

リアルサウンド 8/5(金) 17:25配信

 『デスノート Light up the NEW world』より、新たな場面写真が公開された。

 本作は、累計発行部数3000万部越えの人気コミックを実写映画化した『DEATH NOTE』シリーズから10年後を舞台にした作品。再び狂い始めた世界で、宿命を背負う者たちによるデスノート争奪戦を描く。

 このたび公開されたのは、本作で新たに登場する死神“アーマ”の場面写真。先日公開された第2弾特報にも登場しているアーマは、リューク同様、佐藤信介監督の新解釈の元、VFXの10年間の進化を経て、よりスタイリッシュに造形されている。

 さらに、東出昌大演じる捜査官・三島をはじめとするデスノート対策本部の面々が、Lの後継者である世界的名探偵・竜崎とともに、デスノート対策本部の地下保管室に集まる様子を捉えた、2枚の新場面写真もあわせて公開されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/5(金) 17:25

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。