ここから本文です

手倉森監督、「与えた失点があまりにも多すぎた」。守備面でのミスを悔やむ

フットボールチャンネル 8/5(金) 11:48配信

 U-23日本代表はリオデジャネイロオリンピック1次リーグの初戦ナイジェリア戦に挑み4-5で敗れた。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 この結果に手倉森誠監督は「手倉森ジャパンらしくない打ち合いの展開になってしまった。そこには先制点を許したということがあった。守備のところを修正して次に進めれば」と守備の改善の必要性を語った。

 一時は3点差とされながらも1点差まで追い上げたことに関しては「これがなければ日本ではないし、挑んでいく姿勢は見せられたと思う。次の試合で日本に勝利を届けたい」とコメント。

 「与えた失点があまりにも多すぎた。反省するところを反省すれば、締まったゲームになると思う。ディフェンシングサードで開幕戦ならではの慌て方をしてしまい、ナイジェリアにはそれを仕留めるクオリティがあった」と守備面でのミスを悔やんでいた。

 U-23日本代表の次戦は日本時間8日10:00から中2日でコロンビアと戦う。

フットボールチャンネル

最終更新:8/5(金) 12:41

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。