ここから本文です

アルゼンチン代表新監督強行! 代表引退宣言のメッシを9月1日のウルグアイ戦で招集決断

Football ZONE web 8/5(金) 14:52配信

バウザ監督「メッシを含めた代表をイメージしている」

 バルセロナFWリオネル・メッシはコパ・アメリカ・センテナリオ(南米選手権)の決勝後に代表引退を宣言したが、アルゼンチン代表の新指揮官は世界最高選手の代表引退撤回を求めている。エドガルド・バウザ監督は9月のロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選の招集リストにメッシを加える方針を固めた。アルゼンチン地元紙「オレ」が伝えている。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 南米選手権決勝チリ戦はPK戦にもつれ込み、メッシがPK失敗し、タイトルを逃したショックもあって、長年プレーした代表からの決別を宣言。アルゼンチンの国中から「メッシやめないで」の声が挙がった。腐敗で社会問題と化していたアルゼンチンサッカー協会(AFA)もヘラルド・マルティーノ前監督の突然の辞任などで大混乱したが、新たな指揮官にサンパウロなど南米の名門クラブの指揮官を歴任したバウザ氏の招へいに成功した。

 バウザ新監督にとっての最初のミッションはメッシの代表引退撤回だ。すでにナンバー10の説得のためにバルセロナへ直接向かう予定だと伝えられているが、今月15日に発表されるW杯予選の代表メンバーに向けてメッシを招集する意向だという。指揮官は以下のように話しているという。

「私はメッシを含めた代表チームについてイメージしているところだ。もし彼がすでに代表チームで示してきたコミットメントを続けられるのなら、我々は会って話し合いをするつもりだ。彼は色々なものを得たキャプテンだ。私はなぜ彼がそのような気持ちを続けられなくなるかは理解できない」

コパ決勝のPK失敗後の敗北などで傷心の天才

 バウザ監督にとってメッシありきのアルゼンチン代表であることは確かだ。バルサに帰還したメッシは現地時間3日のインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)レスター戦で先発出場し、巧みなゲームメーク能力で3得点に絡んで相変わらずの存在感を見せた。一方、アルゼンチンは南米予選で現在3位。9月1日のウルグアイ戦、6日のベネズエラ戦と大事な戦いが続くだけに、世界屈指の名手揃いのアルゼンチンとはいえ、エースが復帰するか否かは戦力的に圧倒的な違いが出る。

 髪を金髪に染めるなど、気分一新で傷心のオフを払拭しようと努める世界ナンバーワンプレーヤーは、母国の新指揮官が打つとみられる先手に対してどのような反応を見せるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/5(金) 14:52

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。