ここから本文です

天才ロナウジーニョがアジアに降臨!? 豪2部リーグが36歳のファンタジスタに1試合限定オファー

Football ZONE web 8/5(金) 17:59配信

英紙報じる Aリーグのビッグクラブが巨額オファーを出す見本市に

 オーストラリア2部ウォロンゴン・ウォルブスが元ブラジル代表FWロナウジーニョに1試合限定の特別オファーを準備していることが発覚した。世界最高のファンタジスタがオーストラリアでサッカー界に復帰する可能性が浮上していると英紙「ザ・サン」が報じている。

【写真特集】歴代の名手が勢揃い! バルサが売却した「高額移籍金選手トップ10」

 ロナウジーニョは2015年9月にブラジル名門フルミネンセを退団以降、未だ所属クラブがない。チャリティーマッチへの出場しているものの、トップレベルでの試合からは遠ざかっている。今月からは元イングランド代表MFポール・スコールズ氏やライアン・ギグス氏らと共にインドのフットサルリーグに参戦していた。

 バルセロナやACミランで活躍した元ブラジル代表の背番号「10」をサッカー界に引き戻すため、オーストラリアのクラブが動いた。ロナウジーニョはかつて元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロもキャリアの晩年を過ごした地でのプレーを望んでいるとレポートされており、豪2部に所属するウォロンゴン・ウォルブスは1試合限定のオファーを準備。そこでのプレーがオーストラリア国内のクラブにサラリーキャップと関係なく巨額年俸を手にできるマーキー・プレーヤー枠での契約に関する見本市になると考えているようだ。

「我々が彼の才能を証明する舞台を用意したい」

 ウォルブスの強化担当者ディーン・メロラ氏もロナウジーニョへの接触を認めている。

「我々はオファーを出した。それは認める。彼がマーキー・プレーヤーとしてAリーグにやって来ることに関心があるのは知っている。我々は彼の才能を証明する舞台を用意したいと思っている。デッドラインは明日(5日)だ。幸運を祈っている。ウォロンゴンにとっても大きな成功となるだろう」

 移籍の成否は現地時間5日中に明らかになるようだ。ロナウジーニョはフルミネンセ退団後に、アメリカや“爆買い”で話題の中国への移籍が取り沙汰されたこともあった。36歳となったファンタジスタの最後の戦場は一体どこになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/5(金) 17:59

Football ZONE web