ここから本文です

黒星発進の日本、決勝T進出の確率は20%!? 過去の大会を振り替える【リオ五輪サッカー】

フットボールチャンネル 8/5(金) 14:30配信

 リオ五輪を戦う日本代表は、現地時間4日に行われたグループステージ初戦のナイジェリア戦で4-5の敗戦を喫し、大会を黒星でスタートすることとなった。

【最新】リオ五輪グループステージ順位表

 手倉森誠監督が試合の前日会見で「ナイジェリア戦がメダルへのすべてだという覚悟でいく」と初戦の重要さを強調していたように、国際大会のグループステージを突破できるかどうかは初戦の結果が大きなカギを握るといわれている。

 では、過去の五輪で黒星スタートとなったチームがグループステージを突破できたケースは何回あったのだろうか。

 勝利チームに勝ち点3が与えられる現行システムとなった1996年アトランタ五輪以降、5大会のグループステージ全試合のうち初戦を勝利したのは25チームある。

(※)1992年バルセロナ大会以前は勝利チームに与えられた勝ち点は「2」だった。

 そのうちグループステージで敗退となったのは5チームで、残りの20チームが決勝トーナメントに進出している。

 反対に黒星発進した25チームのうち決勝トーナメントに進出できたのはわずかに5チームのみ。過去の結果から見ると、その確率は20%となっている。

(アトランタ大会のガーナとブラジル、2008年北京大会のコートジボワールとベルギー、2012年ロンドン大会のエジプトの5チームが初戦黒星から決勝トーナメントに進出した)

 なお、初戦を引き分けで終えたのは30チームあり、グループステージを突破したのと敗退したのはそれぞれ15チームずつで確率は50%となっている。

 もう1試合のコロンビア対スウェーデンは引き分けに終わっており、日本は第1戦終了時点で最下位。それだけに、グループステージ突破に向けて残りの2試合での勝利は必須となる。

フットボールチャンネル

最終更新:8/9(火) 18:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。