ここから本文です

「モウリーニョは刑務所に行くべき」。元独代表MFへの“いじめ”を選手会会長が糾弾

フットボールチャンネル 8/5(金) 17:27配信

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が先日ドイツ代表からの引退を表明したバスティアン・シュバインシュタイガーへの冷遇していることに、怒りを覚えた人物がいるようだ。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 モウリーニョ監督の戦力外とされているシュバインシュタイガーはリザーブチーム行きを宣告されるなど冷遇されている。

 スロベニアプロサッカー選手会(SPINS)会長を務めるデヤン・ステファノビッチ氏は英放送局『BBC』の番組に出演した際、モウリーニョ監督のシュバインシュタイガーに対する扱いを強く批判した。

「これは明らかないじめである。モウリーニョは悪しき前例だ。このような場合、法律で罰せられるのは当然である。もしいじめやハラスメントがあったのなら、刑務所に行くべきだ。最大でも、禁固3年だね。シュバインシュタイガーは、PFA(イングランドプロ選手協会)に行って不満を訴えるべきだ」

 ステファノビッチ会長は法律家でもあり、サッカーにおける労働や教育に関しても専門としている。それだけに、今回のモウリーニョ監督の言動は許しがたいものだったようだ。

 また、シュバインシュタイガーの実兄であり元プロサッカー選手でもあったトビアス・シュバインシュタイガー氏も、モウリーニョ監督の処遇を「リスペクトがない」と声を上げている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/5(金) 18:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。