ここから本文です

元神戸MF森岡亮太、ドイツ2部の複数クラブが興味。D・ドレスデンが獲得オファーか?

フットボールチャンネル 8/5(金) 18:40配信

 ポーランド1部リーグのスロンスク・ヴロツワフに所属する元日本代表MF森岡亮太に、ドイツ・ブンデスリーガ2部の複数クラブが興味を示しているようだ。ポーランド紙『wroclaw』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ハビエル・アギーレ元監督時代には日本代表にも招集された経験もある森岡は、今年1月にヴィッセル神戸からスロンスク・ヴロツワフへ移籍している。

 同紙によれば、ポーランドでの活躍を見たドイツ2部複数クラブが森岡に関心を寄せており、中でもディナモ・ドレスデンが50万ユーロ(約5650万円)の獲得オファーを提示したと伝えている。

 昨季の3部リーグを1位で終えたことで2部に昇格したディナモ・ドレスデンは、先日スイスの醸造メーカーとスポンサー契約を締結したことで新戦力を獲得する資金を得ている。その軍資金の一部を森岡獲得に充てようという考えのようだ。

 神戸時代と同じくポーランドでも背番号10を背負う森岡はすでにチームの中心的な選手のひとりとなっており、昨季のリーグ戦で15試合7得点2アシストを記録する活躍を見せている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/5(金) 19:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。