ここから本文です

プログレバンド“ゴブリン”、ホラー映画の金字塔『サスペリア』とのコラボ企画開催へ

リアルサウンド 8/5(金) 22:39配信

 クラウディオ・シモネッティ率いるプログレッシブロックバンド“ゴブリン”と、彼らが音楽を手掛けるイタリアンホラー映画『サスペリア』のコラボ上映が、10月29日に川崎のクラブチッタで行われることが決定した。

 1977年に製作された本作は、ダリオ・アルジェント監督の“魔女3部作”の第1作目で、イタリアンホラーの金字塔として長年多くのファンに愛され続けている作品。バレリーナを夢見る少女スージーが、ニューヨークからドイツのバレエ学校へ転入したことで、次々と恐怖体験に巻き込まれていく模様を描く。

 本イベントでは、『サスペリア』の本編上映と、本作の映画音楽を担当したバンド“ゴブリン”の生演奏ライブをあわせた2部構成のスペシャルプログラムが実施される。ゴブリンが日本に来日するのは3度目だが、単独でライブを行うのは初めてのことだ。第1部は『サスペリア』の全編上映に合わせて劇中の音楽をゴブリンが生演奏するシンクロライブが行われ、第2部はゴブリンの創設者であるクラウディオ・シモネッティが作曲した、歴代のホラー映画のサウンドトラックに収められている楽曲とライブ初公開曲を演奏する単独ライブが予定されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/5(金) 22:39

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。