ここから本文です

ミラン、有望なパラグアイ代表DFを9億円で獲得。明日メディカルチェックへ

フットボールチャンネル 8/5(金) 19:53配信

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランは、遂にDFの補強が成功した。4日にイタリアの『ジャンルカディマルツィオ.com』が報じている。

【動画】伊紙が称賛するミラン本田の“多彩な技”特集! カウンター、ドリブル、セットプレー…

 資金難により今夏未だに2名の選手しか獲得していないミラン。しかし、数時間前に開始したアルゼンチン1部のラヌースに所属するパラグアイ代表DFグスタボ・ゴメスの交渉が成立し、短時間で今夏3人目の補強選手を獲得することになった。

 G・ゴメスの代理人は、交渉を成立するために昨日からミラノに滞在。すでにクラブ間合意までは秒読みだとされていた。そして同日ミランは、G・ゴメスを完全移籍で獲得することでラヌースとクラブ間合意に至っている。

 この取引に関与する全てが満足する形での移籍となった。ミランは、G・ゴメスの獲得へ850万ユーロ(約9億5000万円)をラヌースへ支払うことを決断した。一方ラヌースは、クラブ・リベルタからもう半分の保有権を買い取り、予定通り2倍の額で売却することに成功している。

 G・ゴメスは現在ミラノに向かっており、明日メディカルチェックを受ける予定となっている。その後に同選手はミランと5年契約を結ぶことになるようだ。ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ新監督にとっては就任以来初めて加入する補強選手となる。

 停滞していたミランの補強。ようやく待ちに待ったDFが加入することになった。

フットボールチャンネル

最終更新:8/5(金) 20:02

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)