ここから本文です

ミラン、ついに中国資本への833億円で売却を発表。30年のベルルスコーニ体制に幕

フットボールチャンネル 2016/8/5(金) 20:59配信

 イタリア・セリエAのミランがついに中国資本への売却を発表した。5日、ミランの親会社である『フィニンヴェスト』が発表した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ミランは近年シルビオ・ベルルスコーニ名誉会長が財政難からクラブ売却を目指していた。昨季タイ人資本家ビー・テチャウボン氏への株式売却で合意したが、結局売却は実現しなかった。

 今回ミランの買収で合意した中国コンソーシアムは個人投資家が保有する株式を除く株式93.93%を7億4000万ユーロ(約833億円)で買収するとみられている。今夏の移籍市場へ資金投入を間に合わせるため、急ピッチで手続きを進める見込みだ。

 買収の全ての手続き終了は12月末と予想されている。1986年にシルビオ・ベルルスコーニ氏が買収してから30年間が経ったミラン。チャンピオンズリーグ優勝7回、セリエA優勝18回とバルセロナに次ぐ国際大会タイトルホルダーである名門は中国資本によって復権を果たすのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/8/6(土) 9:37

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。