ここから本文です

ミラン、ついに中国資本への833億円で売却を発表。30年のベルルスコーニ体制に幕

フットボールチャンネル 8/5(金) 20:59配信

 イタリア・セリエAのミランがついに中国資本への売却を発表した。5日、ミランの親会社である『フィニンヴェスト』が発表した。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ミランは近年シルビオ・ベルルスコーニ名誉会長が財政難からクラブ売却を目指していた。昨季タイ人資本家ビー・テチャウボン氏への株式売却で合意したが、結局売却は実現しなかった。

 今回ミランの買収で合意した中国コンソーシアムは個人投資家が保有する株式を除く株式93.93%を7億4000万ユーロ(約833億円)で買収するとみられている。今夏の移籍市場へ資金投入を間に合わせるため、急ピッチで手続きを進める見込みだ。

 買収の全ての手続き終了は12月末と予想されている。1986年にシルビオ・ベルルスコーニ氏が買収してから30年間が経ったミラン。チャンピオンズリーグ優勝7回、セリエA優勝18回とバルセロナに次ぐ国際大会タイトルホルダーである名門は中国資本によって復権を果たすのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/6(土) 9:37

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。